Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
アプリ/コンペはリビングで参戦!
 
 


このコラムの他の記事
(49)関東女子ゴルフに女優さんが勝った〜新東宝映画のスターだった荒川さつきさん
(48)関東女子ゴルフ選手權始まる〜初代チャンピオンは伊沢鈴子夫人
(47)東京放送の女子オープンゴルフ〜プロの面目を保った樋口久子の優勝
(46)内紛解決から〜日本女子プロゴルフ協会の船出〜
(45)同好会の内紛解決に三好氏が動く〜組織の分裂騒ぎ後にプロを名乗る〜
(44)同好会の費用捻出に苦慮 〜女子プロは余計な風潮〜
(43)女子プロの卵の旗揚げ〜従業員ゴルフ大会
(42)女子プロ誕生のきっかけ〜原田経子の松島訪問
(41)杉本伊代子、川奈のプロに登用される〜女子プロを目指す同好会に参加
(40)杉本伊代子の記念碑〜同僚が建立に一肌
(39)大倉の人材育成の一環〜キャディーの制服に見るお洒落心
(38)名手を生んだ川奈の舞台〜富士コースで脚光を浴びた戸田
(37)関西勢に対抗する〜関東プロゴルフ協会の立ち上げ
(36)プロの恩返し〜賞金を差し出した石井(朝)の気質
(35)関東プロゴルフ月例競技の納会〜箱根地を替え歌で賑やかに
(34)プロゴルファーのかくし芸〜帝劇の舞台を沸かせた林由郎の兵隊踊り
(33)プロゴルファーのかくし芸〜玄人はだし、中村の清元
(32)涙なしでは語れない兵役体験〜弟子はもっぱら慰め役
(31)二等兵が大将になった話〜岩倉二等兵のゴルフ経験
(30)安田幸吉の徴兵検査〜第二丙種で兵役免除
(29)『カワナ。懐かしい』 〜川奈に駐留した元米兵の思い出
(28)日本のゴルフ場接収後〜米軍家族が教えたファミリーゴルフ
(27)米軍のゴルフ場接収〜接収は紳士的にゴルフ王国の勝者らしく
(26)戦時下のゴルフ競技〜プロ、アマとも地域大会のみ
(25)ゴルフ用語の日本語化〜打球部会苦心の作
(24)銀器献納〜鉄砲の弾丸になり損ねた由緒あるカップ
(23)戦時中のゴルフ競技(2)〜学生ゴルフは細々と・・・
(22)戦時中のゴルフ競技(1)〜政府、舶来色一掃に懸命
(21)川奈のゴルフコースに税金 閉鎖騒ぎが勃発
(20)大倉財閥のゴルフ場建設(4)
(19)大倉財閥のゴルフ場建設(3)
(18)大倉財閥のゴルフ場建設(2)
(17)大倉財閥のゴルフ場建設(1)
(16)大倉財閥の川奈進出
(15)三井夫人の卓越した技術
(14)女子アマチュアの関東、関西婦人対抗戦
(13)アマ・プロゴルファーによる東西対抗(アマチュア)
(12)女流ゴルファーの草分け帰国後ゴルフ場の近くに居を構える熱中ぶり
(11)在日外人の日本選手権から、日本人の選手権へ、だが・・・
(10)日本のゴルフ躍進とJGAの創設
(9)日本人の第1号ゴルファー
(8)ゴルフの元祖、新井領一郎の帰国
(7)日本のゴルフの先駆者、新井領一郎のゴルフ
(6)林愛作のゴルフとゴルフ場
(5)日本のゴルフコースの建設
(4)日本人が創ったゴルフ場の出資者は、経済界牽引の大物ぞろい
(3)日本のゴルフとゴルフ場
(2)暖香園とゴルフ
(1)東京と奥座敷(伊東)を結ぶ東海道線と伊東線
(はじめに)いい温泉とゴルフ


(45)同好会の内紛解決に三好氏が動く〜組織の分裂騒ぎ後にプロを名乗る〜 番組名:伊豆伊東のゴルフ物語

更新日(2019/05/17)

  昭和36年4月に発足したゴルフ場女子従業員のプロを目指す28人のサークルは、松島杲三(フタバゴルフショップ経営者)の肝いりで順調な滑り出しを見せた。毎月、関東周辺のゴルフ場で合宿練習や競技会を開いて腕を磨いていた。ところがある日のこと、メンバーの中から運営に関して不満の声が出た。

  『賞金が安い』(月例競技の優勝者は5万円)とか、『主宰者松島のワンマンぶりと組織の私物化に不満がある』という内容で、18人の脱会者が出た。昭和38年8月のこと。当時の新聞報道では脱会者は新井敬子以下清水和子、杉本伊代子姉妹、二瓶綾子らで8月21日、銀座で記者会見を開き、現在のやり方ではプロとしての発展性に乏しい、と訴えた。一方の松島側は『脱会は一部の者の策謀に過ぎない。誤解続きの内紛だ』と反論して、同好会は二派に分裂した。

  しばらくして、内紛解決にアマチュアゴルフ界の大御所の三好徳行が動いた。三好は女子プロ協会の相談役で『組織が二つに分かれていては、ゴルフ界から相手にされなくなる』と切り出して松島を説得した。松島は説得に応じ『今後は自主的に運営してもらいたい』と同意して脱会組を無条件で復帰させた。

  亡き杉本伊代子は『松島さんからみんなで自主的にやって欲しいといわれ誤解が解けました。今後はレッスン、競技面で強化を図ります』と語っていた。昭和42年6月、関東プロゴルフ協会内に女子プロ部が設置された。晴れてプロという文言を使えるようになった。樋口久子の師匠、中村寅吉が部会長に就任した。

《写真・女子プロの内紛解決に動いた三好徳行氏》