Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
アプリ/コンペはリビングで参戦!
 
 


このコラムの他の記事
(42)女子プロ誕生のきっかけ〜原田経子の松島訪問
(41)杉本伊代子、川奈のプロに登用される〜女子プロを目指す同好会に参加
(40)杉本伊代子の記念碑〜同僚が建立に一肌
(39)大倉の人材育成の一環〜キャディーの制服に見るお洒落心
(38)名手を生んだ川奈の舞台〜富士コースで脚光を浴びた戸田
(37)関西勢に対抗する〜関東プロゴルフ協会の立ち上げ
(36)プロの恩返し〜賞金を差し出した石井(朝)の気質
(35)関東プロゴルフ月例競技の納会〜箱根地を替え歌で賑やかに
(34)プロゴルファーのかくし芸〜帝劇の舞台を沸かせた林由郎の兵隊踊り
(33)プロゴルファーのかくし芸〜玄人はだし、中村の清元
(32)涙なしでは語れない兵役体験〜弟子はもっぱら慰め役
(31)二等兵が大将になった話〜岩倉二等兵のゴルフ経験
(30)安田幸吉の徴兵検査〜第二丙種で兵役免除
(29)『カワナ。懐かしい』 〜川奈に駐留した元米兵の思い出
(28)日本のゴルフ場接収後〜米軍家族が教えたファミリーゴルフ
(27)米軍のゴルフ場接収〜接収は紳士的にゴルフ王国の勝者らしく
(26)戦時下のゴルフ競技〜プロ、アマとも地域大会のみ
(25)ゴルフ用語の日本語化〜打球部会苦心の作
(24)銀器献納〜鉄砲の弾丸になり損ねた由緒あるカップ
(23)戦時中のゴルフ競技(2)〜学生ゴルフは細々と・・・
(22)戦時中のゴルフ競技(1)〜政府、舶来色一掃に懸命
(21)川奈のゴルフコースに税金 閉鎖騒ぎが勃発
(20)大倉財閥のゴルフ場建設(4)
(19)大倉財閥のゴルフ場建設(3)
(18)大倉財閥のゴルフ場建設(2)
(17)大倉財閥のゴルフ場建設(1)
(16)大倉財閥の川奈進出
(15)三井夫人の卓越した技術
(14)女子アマチュアの関東、関西婦人対抗戦
(13)アマ・プロゴルファーによる東西対抗(アマチュア)
(12)女流ゴルファーの草分け帰国後ゴルフ場の近くに居を構える熱中ぶり
(11)在日外人の日本選手権から、日本人の選手権へ、だが・・・
(10)日本のゴルフ躍進とJGAの創設
(9)日本人の第1号ゴルファー
(8)ゴルフの元祖、新井領一郎の帰国
(7)日本のゴルフの先駆者、新井領一郎のゴルフ
(6)林愛作のゴルフとゴルフ場
(5)日本のゴルフコースの建設
(4)日本人が創ったゴルフ場の出資者は、経済界牽引の大物ぞろい
(3)日本のゴルフとゴルフ場
(2)暖香園とゴルフ
(1)東京と奥座敷(伊東)を結ぶ東海道線と伊東線
(はじめに)いい温泉とゴルフ


(40)杉本伊代子の記念碑〜同僚が建立に一肌 番組名:伊豆伊東のゴルフ物語

更新日(2019/03/29)

  伊東在住、ゴルフ好きの友人、北岡貴人さん(暖香園社長)から『女子プロゴルファーだった杉本伊代子の記念碑が生家の庭に立っているのを知っているかい』と電話が架かってきたことがある。春の桜が綻びかけた頃だった。ゴルフ友達の村山雅春、矢野雄次郎両君と連れ立って、伊東に足を運んだ。川奈の漁港に近い高台の一角に杉本家があり、その庭先に大型テレビ程ほどの大きさの記念碑があった。碑には日本女子プロゴルフ協会員一同、有志一同と刻まれていて、建立されたのは平成17年のこと。杉本が他界したのは昭和50年3月22日だから建立は30年後のことだった。いまは女子プロゴルフ隆盛の時代だが、それ以前のことだから、記念碑が立つのは、極めて珍しいといえるだろう。

  杉本伊代子は地元の中学を卒業して川奈ゴルフ場でキャディーとして働きだした。

  仕事の余暇にボールを打ち始めたのは、ゴルフ場には専属プロの陳清水がいたからだ。陳は伊代子の義理の叔父に当たることから、球を打つ要領を授けた。

  その存在が大倉喜七郎の目に止まり、女子プロの道へと道が開けた。

  大倉は川奈にゴルフ場を造って以来、女子プロゴルファーを世に送り出すことを考えていた。伊代子は昭和36年に日本の女子プロゴルフがスタートするとこれに参加した。この時分は女子プロとは名乗れずゴルフ場女子従業員の同好会というサークル活動だった。






《写真上・女子プロ草創期(杉本伊代子(前列の左端。その右上が樋口久子。中央の男性は女子プロ同好会の会長に就任した赤星四郎))》
《写真下・杉本伊代子の記念碑》