Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
 アプリ/コンペはリビングで参戦!
 
 


このコラムの他の記事
(終)大倉喜七郎 音楽の泉
(69)井上準之助のゴルフ
(68)小寺酉二の英語力と正しい報道
(67)鬼をもしのぐマーカット少将
(66)女性初のシングルハンディ誕生~横河初子(東京ゴルフ倶楽部家族会員)が9
(65)日本のアマチュア初の海外遠征
(64)ゴミは『はたき』で『はたく』べし
(63)ゴルフの元祖コルベン
(62)日本アマ、オープンの優勝カップ物語
(61)キャディー廃止に関する通達
(60)昭和天皇の紛失球?〜事務所に保管されているボール
(59)知られざる野村(JGA副会長)の貢献〜プロゴルフ協会の立ち上げなど
(58)軍服姿(在日米軍)のゴルファー
(57)「恋の片瀬」のゴルフース
(56)本職が褒めた投網のうまさ
(55)大谷光明の子を思う心
(54)ニュース映画に登場した全日本オープンゴルフ
(53)国産機で世界1周〜燃料よりゴルフバッグを
(52)皇太子の砂
(51)大和魂で戦え!
(50)ドルのない時代の海外遠征
(49)名物姉妹キャディーの物語〜他倶楽部でも付き添いを求められた実力
(48)名物姉妹キャディーの物語〜バッグにいれて連れて帰りたい
(47)ワンパット10万円のスリル
(46)ゴルフ倶楽部の歌
(45)プレゼンターに女優さん
(44)知られざる赤星六郎快挙
(43)人糞撒いて接収を阻止した臭い話
(42)ゴルフ東西対抗に三宮殿下杯
(41)寅さんはマッチプレーが苦手
(40)開場セレモニーで大役を果たした宮様方
(39)ウィンザー公の日本の思い出
(38)日英皇太子の親善ゴルフ
(37)欧州の旅の際、プロの模範プレーをご覧
(36)新宿御苑のゴルフコース
(35)昭和天皇のゴルフィング
(34)プロのハンディキャップ制度
(33)よーォ おめーが先に打てよ
(32)川奈で味わった駅弁の味
(31)自動車の副賞をもらったプロ
(30)礼節を重んじた戦前派のプロたち
(29)ヘビー級世界チャンピオンのゴルフ
(28)ホームラン王ルースのゴルフ
(27)中村兼吉USオープンでの快挙
(26)日米対抗で、海を渡った6人のプロたち
(25)ゴルフの日米対抗戦が実現
(24)実力ナンバーワンは鳩山一郎
(23)歴代総理大臣のゴルフ
(22)チャイナドレスがお似合いのチャンピオン
(21)JGAの団旗とパレード
(20)ハンディキャップの差は1ながら
(19)近藤天(たかし)さんの倒立
(18)韋駄天『三島弥彦』のスポーツ歴
(17)岸さん、ゴルフ週間開幕に一役
(16)全国展開の『日本ゴルフ週間』〜腕自がチャンピオンに挑戦した催し
(15)『ハッとしてキャッとした』曲打ち
(14)学生ゴルフの紆余曲折
(13)学生ゴルフの生い立ち
(12)女性にマッチプレーは酷か?
(11)女子ゴルフの草分け三井栄子(さきこ)さんのゴルフ
(10)草創期婦人ゴルファ―たちの服装
(9)倶楽部ハウスに使われた鉄道車両
(8)ゴルフの聖地の夏と冬
(7)通隆氏が語る近衞家のゴルフ
(6)近衞文隆さんの無言の帰国
(5)アマチュアがプロに挑戦した痛快物語
(4)16歳で大物ぶりを発揮した近衞少年
(3)パティー・バーグ相手に『伊代ちゃん』奮闘
(2)女性キャディーの登場
(1)明治29年にクラブを振ったのは海軍の軍人さん


(47)ワンパット10万円のスリル 番組名:取材メモ・写真に見る日本のゴルフ史

更新日(2021/11/11)

  いま、プロゴルフ競技は花盛り。とりわけ女子プロの競技は電波に乗る機会も多く、男子プロを凌ぐ人気ぶりだ。男子は先のマスターズトーナメントに松山英樹が優勝して大きな話題になったが、人気の点では断然女子の方が優位のようだ。

  今日、プロゴルフの競技に関心を寄せるファンは多いが、プロゴルフ競技花盛りのきっかけはいまを去ること70年前の1952年(昭和27年)。戦後のゴルフ復興期に、読売新聞社が賞金総額100万円の読売プロゴルフ選手権を開催したのが走りだ。大会のキャッチフレーズは「ワンパット10万円のスリル」。優勝賞金が30万円、2位が20万円。その差10万円だったことから10万円のスリルというキャッチフレーズが生まれた。

  その頃100万円という言葉が流行した。売り出された宝くじの1等賞金が100万円。これが引き金になり、新聞や雑誌などで話題になり、さらに庶民の夢は100万円を手に入れることだった。

  さて、読売プロゴルフ選手権は、横浜にあった程ヶ谷カントリー倶楽部が舞台で、当時、若手プロとして注目されていた林由郎(我孫子)が72ホールを通算296打のスコアで制した。翌年の二回目の大会には、富戸出身の石井朝夫が初優勝をとげた。石井は活躍の場を川奈から関東に移した矢先で、関東プロのトップクラスに躍り出た。

  この競技は1961(昭和36)年まで続いた。その後キリンオープン、ダンロップオープンなどと主催者や大会の名称が変わったが、アジアサーキットの主要競技としてファンの関心を集めた。

《写真・読売プロゴルフの第1回大会で運営に協力したJGA(日本ゴルフ協会)役員の方々、左から高石真五郎、石井光次郎、中上川勇五郎、小寺酉二各氏》