Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
 アプリ/コンペはリビングで参戦!
KSGA加盟大学の方へお知らせ
 


このコラムの他の記事
ペナルティの正座は、今でも怖い
日本体育大学の長すぎた春
今日も元気だ、ゴルフが楽しい
関東女子学生選手権に東北福祉大学からチャンピオン
学生らしさの追求
単位制度の導入と通信教育学部学生
東北福祉大学飛躍の引き金になった星野英正の出現
文武両道を貫く連盟
スロープレー追放で学生ゴルフの存在をアピール
日大勢が全日本大学対抗で15連覇
マッチプレー選手権は学生ゴルフ出身者の独壇場
関東学生ゴルフ連盟の季刊誌が刊行される
アジア大会で丸山茂樹(日大)が金メダル
昭和から平成へ
昭和天皇のゴルフと崩御
石井前会長が死去
テレビ・イベントも登場
文部大臣杯も始まる
日本学生ではマッチプレー廃止
エンブレムを良き思い出に残す村田修(関東学院大学OB)
女子も振興勢力の台頭で戦国時代へ 対抗戦では9大学がタイトルとる
運営の変動 機関紙の登場/セルフバッグ制/損害保険への加入
西田、沼沢をはじめ学士プロが続出
打倒日大”へ専修大学、名乗りを上げる
日大時代の到来ー学士プロも続々登場
ご成婚記念パレードに参加
倶楽部競技から締め出された学生ゴルフ
学士プロ第1号は明治の奥津
中部、学生タイトルより早く日本アマを制す
全日本学生ゴルフリーグ戦を創設
アマチュア東西対抗ゴルフと学生ゴルファー
関東女子学生選手権、日本女子選手権、相次いで登場
学生選手権はJGA主催に、女子競技も始まる
カナダ・カップを開催、国際交流動き出す
全日本学生ゴルフ連盟の結成
信夫杯争奪全日本大学対抗始まる
サッカーと野球の花形選手が関東学生ゴルフ選手権を争った
東西交流も活発化
全日本学生選手権も復活へ
朝日新聞社が支援に登場
関東学生ゴルフ連盟が再発足
戦後の学生ゴルフ復活ー西で成宮、東で金田
KGU、KGAが再発足 JGAも再スタートへ
敗戦から復興へーゴルフ場も「占領下」に


打倒日大”へ専修大学、名乗りを上げる 番組名:学生ゴルフの足跡

更新日(2012/12/10)

 昭和50年代に入ると、“打倒日大”の抵抗勢力として専修大学が浮上してきた。 1976(昭和51)年、脇田洋が関東学生で日大勢の10連覇を阻んで初優勝、羽川豊が朝日杯で初タイトルを獲得したのが手始め。 羽川は翌52年、関東学生にも勝ち、朝日杯は結局、4年連続優勝の偉業を立て、54年には日本学生のタイトルも手にした。 この羽川を主軸に専修大学は1977(昭和52)年秋の関東大学対抗でついに日本大学を抑え、54年の全日本学生リーグでも上昇の日本大学に土をつけた。

専修大学は玉川の向こう岸の川崎市生田にキャンパスがあった。 その隣が川崎国際CC。 現在、同大学のゴルフ部長を務めている岡村誠男、同じく監督の浜嶋照佳が学生時代、相談して、川崎国際CCでキャディをやりながら、ゴルフをさせてもらうことにして、ゴルフ場との連携でゴルフ部をたちあげたという、面白い歴史を持っている。

専修大学はもともと、卓球、スケートや東都大学での野球などが強いことで知られていたが、昭和の50年代に入って“スポーツ立国”を志したことがあり〔例えば、1980(昭和55)年レークプラシッド冬季五輪フィギュアスケート代表の渡部絵美を入学させている〕、羽川らの活躍で、重点競技としてゴルフもクローズアップされたことのようだ。 しかし、この専修大学の活躍もほぼ10年でかすんでしまい、平成に入ると、変わって東北福祉大学や日本体育大学の活躍がクローズアップされるようになる。

《1979(昭和54)年、第33回日本学生に優勝し、日大勢の6連覇を阻んだ羽川豊(専修)》