Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
 アプリ/コンペはリビングで参戦!
KSGA加盟大学の方へお知らせ
 


このコラムの他の記事
ペナルティの正座は、今でも怖い
日本体育大学の長すぎた春
今日も元気だ、ゴルフが楽しい
関東女子学生選手権に東北福祉大学からチャンピオン
学生らしさの追求
単位制度の導入と通信教育学部学生
東北福祉大学飛躍の引き金になった星野英正の出現
文武両道を貫く連盟
スロープレー追放で学生ゴルフの存在をアピール
日大勢が全日本大学対抗で15連覇
マッチプレー選手権は学生ゴルフ出身者の独壇場
関東学生ゴルフ連盟の季刊誌が刊行される
アジア大会で丸山茂樹(日大)が金メダル
昭和から平成へ
昭和天皇のゴルフと崩御
石井前会長が死去
テレビ・イベントも登場
文部大臣杯も始まる
日本学生ではマッチプレー廃止
エンブレムを良き思い出に残す村田修(関東学院大学OB)
女子も振興勢力の台頭で戦国時代へ 対抗戦では9大学がタイトルとる
運営の変動 機関紙の登場/セルフバッグ制/損害保険への加入
西田、沼沢をはじめ学士プロが続出
打倒日大”へ専修大学、名乗りを上げる
日大時代の到来ー学士プロも続々登場
ご成婚記念パレードに参加
倶楽部競技から締め出された学生ゴルフ
学士プロ第1号は明治の奥津
中部、学生タイトルより早く日本アマを制す
全日本学生ゴルフリーグ戦を創設
アマチュア東西対抗ゴルフと学生ゴルファー
関東女子学生選手権、日本女子選手権、相次いで登場
学生選手権はJGA主催に、女子競技も始まる
カナダ・カップを開催、国際交流動き出す
全日本学生ゴルフ連盟の結成
信夫杯争奪全日本大学対抗始まる
サッカーと野球の花形選手が関東学生ゴルフ選手権を争った
東西交流も活発化
全日本学生選手権も復活へ
朝日新聞社が支援に登場
関東学生ゴルフ連盟が再発足
戦後の学生ゴルフ復活ー西で成宮、東で金田
KGU、KGAが再発足 JGAも再スタートへ
敗戦から復興へーゴルフ場も「占領下」に


学生選手権はJGA主催に、女子競技も始まる 番組名:学生ゴルフの足跡

更新日(2012/08/20)

後の学生ゴルフに絶えずつきまとっていた問題の一つは会場確保難だった。 たとえば、関東が当番年にあたる1958(昭和33)年の全日本学生は前回(昭和31年)に続いて、東京GCで開かれた。 東京GCのような名門が連続して学生にコースを開放したのは、当時の事情としては“異例の温情”であったが、これは、学生の窮状を見かねた支配人の田中善三郎が、理事会に提議、承認を得て便宜を図った結果だった。 田中はアメリカでゴルフを履修し、日本ゴルフ草創期の競技で活躍し、大正10年の日本アマに優勝している。 東京・駒沢のパブリックコースの支配人に就任し、学生ゴルフの普及に理解を示し、コースを低料金で開放した。

こうした状況下で思い悩んだ末に、全日本学生ゴルフ連盟はJGAに「コース確保が困難であることと、朝日新聞が手を引いたことによる資金難が響いて自力主催がむづかしいので力を貸してほしい」と懇請した。 1959(昭和34)年春のことである。 JGAは、石井光次郎会長(JGAは昭和32年から理事長制を廃止、会長制に)が学生連盟の会長を兼ねている関係もあって、理事会に諮った結果、主催権を引き継ぐことを了承。 この年の日本学生選手権(8月24〜27日/霞ケ関CC西コース)から、学連に代わって主催することにした。 関連して、優勝カップはこれまでの朝日新聞社寄贈のものを引き継ぐことにしたが、大会タイトルはJGA方式にならって『全日本〜』から全を取り『日本学生選手権』に変更。 また競技方式も日本アマ同様、決勝ラウンドには16名進出、準決勝と決勝は各36ホール・マッチプレーに改めた。

昭和が30年代に入っての、もうひとつの学生界の動き、それは女子に公式競技の扉が開かれたことだった。

日本女性の“ゴルフ事始め”は、神戸・六甲山上に英人アーサー・ヘスケス・グルームが本邦最初のコースとクラブを立ち上げた、20世紀初頭にまでさかのぼることができる。 しかし、戦前はコースの数もきわめて限られており、今日のようにだれでもが気軽にプレーできる時代ではなかったため、女子プレーヤーのための競技は関東、関西の東西対抗が知られている程度だった。

しかし、戦後、”男女同権”といわれる時代の到来とともに事情は一変、夫婦そろってプレーを楽しむ家庭が増えた。 一方では、男子学生ゴルフのスタートの項で説明したように、“ファミリー・ゴルフ”でクラブを振ることを覚えた娘たちが成長してきた。 こうした時代の動きをとらえ、1953(昭和28)年には、読売新聞社が『全日本女子ゴルフ大会』を始めた。 この大会はJGAが1959(昭和34)年に『日本女子選手権』を主催競技として創設するまで続いた。 昭和29年には『関西婦人選手権』が、30年には『関東女子選手権』がそれぞれスタートした。 また、JGAは女子プレーヤーの強い要望を受け入れ、昭和35年には組織内に『女子委員会』(委員長・三井栄子)を設置した。

学生界でも、実は詳しいことはわかっていないが、すでに1953(昭和28)年に『第1回朝日招待関東学生ゴルフ競技会』が行われたとき、エントリーした26人のプレーヤーの中には女子が2人いた。 男子に伍してプレーできる自信があったのだろうと思われる。 昭和30年代に入ると、いくつかの大学では女子のゴルフ部員も認めるようになってきた。 昭和33年には慶應と成城が新川崎ゴルフ倶楽部で対抗戦を実施した。 親善マッチだったが、これが関東での女子学生の競技の第1号ということになる。 その年の暮れには連盟で女子競技会開催の可能性が討議された。

そうした流れの中で、1959(昭和34)年、東京中日新聞(現東京中日スポーツ)が後援する『東京中日新聞杯争奪関東女子学生ゴルフ競技会』(関東学生ゴルフ連盟主催)が誕生し、春秋の年2回開催された。 支配人のご理解を得て、東雲GC(現在の有明テニスの森あたり)を借りることができ、3月31日、6校19人のプレーヤーが参加した。 この日本初の女子学生ゴルフ・トーナメントは27ホールのストローク・プレーで行われ、ただ1人の高校生だった増永たい子(慶應高)が2位に8打差をつけて優勝した。 当時はまだ女子の力というものが十分に知られておらず、また、プレーが遅いというようなことがいわれており、コース側がそのことを心配したため、男子学連が各組に1人ずつ付き添い、適切な指示をした、という笑い話のようなエピソードも生まれた。 増永たい子は歌手・藤山一郎(本名・増永丈夫)さんの令嬢で、熱心なゴルフ愛好家でもあった両親に育てられ、当時の女子学生としては抜きん出たプレーヤーで、この年の秋を除き、35年、36年、37年の春秋大会をいずれも連続制覇。 大学の最終学年となった昭和38年の関東女子学生選手権の創設大会にも優勝、有終の美を飾った。 続いて1961(昭和36)年9月には『関東女子大学対抗戦』が始まった。 第1回は10校39人が参加して大利根CCで開かれ、慶應が初代の女王校となった。 やがて、加盟校が増えてきたため、1969(昭和44)年から参加17校をA、Bブロックに分け、これまで開催して来た関東女子大学対抗戦に代わって春秋2季制で行うこととした。



《写真上》
1959(昭和34)年、日本ゴルフ協会主催となった日本学生選手権の表彰式風景(挨拶するのは副会長の野村駿吉氏)
《写真下左》
1959(昭和34)年、「第1回東京中日新聞杯争奪関東女子学生ゴルフ競技会」に優勝した増永たい子を囲んで
《写真下右》
1962(昭和37)年、第2回関東女子学生対抗戦で2連覇を達成した慶應義塾大学チーム(左から増永、松本、馬越、藤浦=いずれも旧制)