Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
 アプリ/コンペはリビングで参戦!
 
 


このコラムの他の記事
林愛作の足跡
ダブルホールインワンのスコアカード
とあるプロゴルファーの物語
機械ゴルフの異名を持つ三好徳行さん
おしゃれな朝夫(とも)さんが他界
日本語で苦労した《孫ちゃん》
ゴルフの達人ルースとルイス
今季、殿堂入りの四氏が決定
最後の倶楽部プロ、小針春芳さん他界
日本プロゴルフ殿堂入り式典厳粛に
日本プロゴルフ殿堂4氏を顕彰〜中嶋常幸さん、佐藤精一さんら
ゴルフ論文で博士号〜坂本公紀夫妻の力作が冊子に
『孫(そん)ちゃん』 久ぶりに聞いた小野さんのニックネームが懐かしい
杉本“伊代ちゃん”の記念碑
感涙にむせんだ3人の顕彰者
ゴルフ殿堂、金井氏ら三氏を顕彰
カ杯に日本の参加を取り付けたゴルフ愛好家の外交官
近藤さん、安らかに〜関東学生ゴルフ最終日に出場者全員が黙とう
タンゴの国の名ゴルファー、ビセンゾさんが94歳で他界
近藤暾(あさひ)氏のご逝去
ギランバレー症候群を克服したレッスンプロの奮闘記
アーノルド・パーマーの思い出
橘田、勝俣の米国留学
殿堂入りした石井朝夫さんを祝う会、賑やかに
第3回ゴルフ殿堂に顕彰された四氏
鑑田茂さんの死
戦前派のプロゴルファー、棚網良平さんの他界


林愛作の足跡 番組名:孔球偉人列伝

更新日(2022/05/18)

  帝国ホテルの支配人を務めた林愛作(1873〜1951)は、群馬県太田市の出身で、若くしてアメリカにわたり、ニューヨークで美術商の山中商会で働き、帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトとの厚い交流があったのが有名だ。愛作がアメリカに渡ったのは正式な渡米を申請したわけではなかった。横浜に停泊していた汽船の乗りこんだまではよかったが、気が付いたら船は出港してしまい、サンフランシスコでの生活を余儀なくされた。教会に通ううちに、篤志家の婦人に巡り合い、ニューヨークでの勉学を進められて、東海岸での生活を送った。

  ニューヨークでは銀行家の井上準之助と知り合い、井上がゴルフ場造りに邁進していることを知り、東京・駒沢の土地を紹介した。林はアメリカに渡ってゴルフを知り、駒沢では自作のコースでプレーした経験もあった。かくして東京ゴルフ倶楽部は駒沢に日本人が造った第一号のゴルフコースとなり、日本のゴルフの夜明けとなった。その裏にはアメリカでゴルフプレーを体験した林がいたからだ。日本のゴルフの夜明けを支えた貴重な存在だった。〆

《写真:ショットをする林愛作さん》