Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
アプリ/コンペはリビングで参戦!
 
 


このコラムの他の記事
最後の倶楽部プロ、小針春芳さん他界
日本プロゴルフ殿堂入り式典厳粛に
日本プロゴルフ殿堂4氏を顕彰〜中嶋常幸さん、佐藤精一さんら
ゴルフ論文で博士号〜坂本公紀夫妻の力作が冊子に
『孫(そん)ちゃん』 久ぶりに聞いた小野さんのニックネームが懐かしい
杉本“伊代ちゃん”の記念碑
感涙にむせんだ3人の顕彰者
ゴルフ殿堂、金井氏ら三氏を顕彰
カ杯に日本の参加を取り付けたゴルフ愛好家の外交官
近藤さん、安らかに〜関東学生ゴルフ最終日に出場者全員が黙とう
タンゴの国の名ゴルファー、ビセンゾさんが94歳で他界
近藤暾(あさひ)氏のご逝去
ギランバレー症候群を克服したレッスンプロの奮闘記
アーノルド・パーマーの思い出
橘田、勝俣の米国留学
戦後アマチュア界に新風を吹き込んだ日系二世
殿堂入りした石井朝夫さんを祝う会、賑やかに
第3回ゴルフ殿堂に顕彰された四氏
鑑田茂さんの死
三島弥彦さんの学習院野球時代
卒寿を迎えたレッスン上手のプロ鈴木喜三さん
《コメの飯だよ》が口癖だったプロゴルファー栗原甲子男(かしお)さん
世界一周を達成したゴルファー
戦前派のプロゴルファー、棚網良平さんの他界
競技委員長代行の凄いスポーツ歴
さよなら。東京ゴルフ倶楽部の名物ゴルファー西邑真さん
ゴルフ論文で学術博士号を取得した元公務員ゴルファー
チャンピオンはボウリングがお好き
2度泣いた新チャンピオン、両親をも泣かす
衰えぬフォークボール元祖の長打力
モグラ、ミミズにやられた熱烈ゴルファーの無念
名ゴルファー石井廸夫(いしいみちお)さんの死
井上誠一、設計コースの表情をとらえた〜大地の意匠〜
お懐かしや 荒川五月さん(元女優)。プレゼンターに
86歳、ただいま現役
久保田夫人が語る大正、昭和のゴルフ
さらば南アの黒豹
君島一郎さんのもうひとつの功績
南部利昭さんの悠揚迫らぬゴルフ
女子プロ育ての親、松島さん死去
祖母の意思を継いで20回出場の快挙
師匠は空手6段の猛者
ただいまエージシューティング86回目
室谷さんの諸国漫遊
オークモントに流れた兼さん、一世一代の声
春風に乗って出た鍋島直泰さんのダブルホールインワン
日本のゴルフの始祖を記念する清渓文庫


最後の倶楽部プロ、小針春芳さん他界 番組名:孔球偉人列伝

更新日(2019/07/02)

  前から日本のプロゴルフ界を支えてきた那須ゴルフ倶楽部所属の小針春芳さんが去る4月19日、97歳の生涯を閉じた。小針さんは競技面では日本オープン、関東プロ、関東オープンなどに優勝のほか、カナダカップの日本代表を歴任するなど、海外でも顕著な活躍をしている。

  生来の温厚な人柄は、所属していた那須ゴルフ倶楽部の会員の誰からも好かれ、プロとしては特筆すべき名誉会員に推挙されているなど、倶楽部所属プロとしての大きな足跡を残している。

  小針さんがゴルフのプロとして、この道に入ったのは1935(昭和10)〜6年の頃で、那須ゴルフ倶楽部の建設が始まった時分だった。キャディーの募集があり、これに応募してご縁ができた。

  実家は栃木県那須塩原にあり、農業を営んでいた。しかし、小針さんの言葉を借りると『我が家は貧乏で、コメの飯が食えるのは盆か正月くらいで、あとは稗か粟が毎日だった』そうだ。小針少年はこうした家庭の実情の中、一念発起して働きにでた。16歳の時である。

  ゴルフ場ではキャディー兼研修生で、木の枝を削って造ったクラブで人目を避けながらボールを打って技術を覚えた。当時はキャディーといえどもコースに出てボールを打つのはご法度で、来場者がいなくなってから、こっそりボールを打った。1940(昭和15)年の夏、関東プロの月例競技が那須ゴルフ倶楽部で行われ、小針さんは研修生として競技に参加できた。この時、当時の第一人者だった浅見緑蔵さんとトップを争う出来栄えで、この実績が評価され、晴れて那須ゴルフ倶楽部のプロに認められてプロ生活のスタートが切れた。

  しかしその時分から世の中は戦時体制にはいり、1941(昭和16)年に太平洋戦争が勃発、小針さんは日本陸軍の兵士として中国の山東省の第一線に派遣された。次いでニューギニアに転戦した折に、不幸にもマラリアに侵されたため復員した。ゴルフのプロ生活に復帰してから後遺症に苦しめられたが、生来の我慢強さで克服した実績がある。

  夏はホームコースの那須で、冬場は倶楽部提携先の霞ケ関カンツリー倶楽部で倶楽部プロとして勤めながら、会員のレッスンを担当した。その間、競技面では前述のように日本オープン2度を始め関東プロ、関東オープンに優勝した実績があり、那須では優秀な後輩プロを育てている。後輩たちは先輩の薫陶を受けているからだろうか、倶楽部プロとして業務に忠実で、温厚な人柄が特徴だ。昨今の若いプロたちは独立心旺盛でスポンサーを見つけては独立するが、小針さんは全く反対で、倶楽部あってのプロという精神を崩すことなく、業務に忠実で会員を大切にする精神を持ち合わせている。最後の倶楽部プロとあえて言っておきたい。

《写真は日本オープン優勝時の小針さん》