Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
杉本“伊代ちゃん”の記念碑
感涙にむせんだ3人の顕彰者
ゴルフ殿堂、金井氏ら三氏を顕彰
カ杯に日本の参加を取り付けたゴルフ愛好家の外交官
近藤さん、安らかに〜関東学生ゴルフ最終日に出場者全員が黙とう
タンゴの国の名ゴルファー、ビセンゾさんが94歳で他界
近藤暾(あさひ)氏のご逝去
ギランバレー症候群を克服したレッスンプロの奮闘記
アーノルド・パーマーの思い出
橘田、勝俣の米国留学
戦後アマチュア界に新風を吹き込んだ日系二世
殿堂入りした石井朝夫さんを祝う会、賑やかに
第3回ゴルフ殿堂に顕彰された四氏
鑑田茂さんの死
三島弥彦さんの学習院野球時代
卒寿を迎えたレッスン上手のプロ鈴木喜三さん
《コメの飯だよ》が口癖だったプロゴルファー栗原甲子男(かしお)さん
世界一周を達成したゴルファー
戦前派のプロゴルファー、棚網良平さんの他界
競技委員長代行の凄いスポーツ歴
さよなら。東京ゴルフ倶楽部の名物ゴルファー西邑真さん
ゴルフ論文で学術博士号を取得した元公務員ゴルファー
チャンピオンはボウリングがお好き
2度泣いた新チャンピオン、両親をも泣かす
衰えぬフォークボール元祖の長打力
モグラ、ミミズにやられた熱烈ゴルファーの無念
名ゴルファー石井廸夫(いしいみちお)さんの死
井上誠一、設計コースの表情をとらえた〜大地の意匠〜
お懐かしや 荒川五月さん(元女優)。プレゼンターに
86歳、ただいま現役
久保田夫人が語る大正、昭和のゴルフ
さらば南アの黒豹
君島一郎さんのもうひとつの功績
南部利昭さんの悠揚迫らぬゴルフ
女子プロ育ての親、松島さん死去
祖母の意思を継いで20回出場の快挙
師匠は空手6段の猛者
ただいまエージシューティング86回目
室谷さんの諸国漫遊
オークモントに流れた兼さん、一世一代の声
春風に乗って出た鍋島直泰さんのダブルホールインワン
日本のゴルフの始祖を記念する清渓文庫


戦後アマチュア界に新風を吹き込んだ日系二世 番組名:孔球偉人列伝

更新日(2015/09/24)

  戦後、日本のゴルフが戦禍から完全に復興したのは昭和25年頃で、日本アマチュア選手権が再開されたのはその年の6月だった。
  ゴルフ用具は極端に不足していた上に食糧事情は芳しくなかった。各家庭でコメを買うには米穀通帳が必要だった。それでも日本のゴルフが復興できたのは、日本に進駐した米軍の将兵や軍属として働いていた日系二世たちの新しい技術とパワーゴルフの実践の負うところが大きい。

  日系二世といえば昭和38年(鷹之台CC)に日本アマに優勝した森本弘(我孫子)の存在を忘れてはならない。
  森本はハワイ・カウワイ島の生まれ。両親は広島出身の移民。太平洋戦争中、軍属として兵役につき終戦の直前、南太平洋の激戦地マリアナ諸島にいた時、上官から『あと1年、兵役を延ばしたら日本に配属する』という言葉に二つ返事で従った。日本は両親の母国だ。1949(昭和24)年、横浜市にあった米軍購買部に赴任した。ここにはゴルフ好きの上司がいて、ゴルフを勧められた。

  この時代は日本のゴルフ場は米軍に接収されていたからいずこも“木戸御免”でどこででもプレーできた。その頃、三好徳行さんという日本人の名手と懇意になり、技術の交歓が始まり、やがて関東のアマチュアの競技に出るようになった。

  やがて我孫子GCに入会してアマチュアの競技に出場した。昭和33年、広野GCでの日本アマのメダリストになって頭角を表わし、日本アマに勝った翌年(39年)は関東アマにも勝った。 その時代から森本は巧みに日本語を駆使して日本人ゴルファーとの交流を図っていた。 昭和39年に晴れてアマチュアの世界チーム選手権の日本代表に選ばれて出場した。この時、森本はこう語った。『僕は味噌汁が苦手だが、日の丸を背負ってプレーした時、日本人であることを実感した』と両親の母国に思いを馳せた一幕があった。

《写真・現役時代の森本さん》〆