Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
『孫(そん)ちゃん』 久ぶりに聞いた小野さんのニックネームが懐かしい
杉本“伊代ちゃん”の記念碑
感涙にむせんだ3人の顕彰者
ゴルフ殿堂、金井氏ら三氏を顕彰
カ杯に日本の参加を取り付けたゴルフ愛好家の外交官
近藤さん、安らかに〜関東学生ゴルフ最終日に出場者全員が黙とう
タンゴの国の名ゴルファー、ビセンゾさんが94歳で他界
近藤暾(あさひ)氏のご逝去
ギランバレー症候群を克服したレッスンプロの奮闘記
アーノルド・パーマーの思い出
橘田、勝俣の米国留学
戦後アマチュア界に新風を吹き込んだ日系二世
殿堂入りした石井朝夫さんを祝う会、賑やかに
第3回ゴルフ殿堂に顕彰された四氏
鑑田茂さんの死
三島弥彦さんの学習院野球時代
卒寿を迎えたレッスン上手のプロ鈴木喜三さん
《コメの飯だよ》が口癖だったプロゴルファー栗原甲子男(かしお)さん
世界一周を達成したゴルファー
戦前派のプロゴルファー、棚網良平さんの他界
競技委員長代行の凄いスポーツ歴
さよなら。東京ゴルフ倶楽部の名物ゴルファー西邑真さん
ゴルフ論文で学術博士号を取得した元公務員ゴルファー
チャンピオンはボウリングがお好き
2度泣いた新チャンピオン、両親をも泣かす
衰えぬフォークボール元祖の長打力
モグラ、ミミズにやられた熱烈ゴルファーの無念
名ゴルファー石井廸夫(いしいみちお)さんの死
井上誠一、設計コースの表情をとらえた〜大地の意匠〜
お懐かしや 荒川五月さん(元女優)。プレゼンターに
86歳、ただいま現役
久保田夫人が語る大正、昭和のゴルフ
さらば南アの黒豹
君島一郎さんのもうひとつの功績
南部利昭さんの悠揚迫らぬゴルフ
女子プロ育ての親、松島さん死去
祖母の意思を継いで20回出場の快挙
師匠は空手6段の猛者
ただいまエージシューティング86回目
室谷さんの諸国漫遊
オークモントに流れた兼さん、一世一代の声
春風に乗って出た鍋島直泰さんのダブルホールインワン
日本のゴルフの始祖を記念する清渓文庫


モグラ、ミミズにやられた熱烈ゴルファーの無念 番組名:孔球偉人列伝

更新日(2011/05/13)

 ユニバース開発(株)(東京・新宿3丁目)IGR事業部長の遠藤博さん(62)は、群馬県邑楽郡(おうらぐん)千代田町(最寄り駅はJR高崎線吹上)から約70キロの道程を2時間余かけて通勤している。趣味はゴルフ。うまくなりたい一心から、自宅の庭先に手づくりのホールを設けて上達を心がけた熱烈ゴルファーである。

 群馬県の千代田町は人口1万余人。利根川中流域に沿う水と緑に囲まれた町だ。ケヤキの大木に囲まれた遠藤さんのお宅は千坪の広大な敷地がある。10年ほど前のこと。庭先に50ヤードほどの距離を持つ自前のホールを造った。

 『きっかけは?』と尋ねたところ『ハイ。売った株で少しお金が入ったので、クラブを買いました。まずは練習をやろうとしましたが、近隣にそんな施設はなく、思案の末、自前のホールを造ることにしたのです』

男の一念発起というべきか、屋敷の一角に芝を張り、バンカーを設けて1年後には開場した。

おまけに、『上司から西洋芝の種子を譲り受けましてね。それを撒いた結果、いいグリーンになりました』とケヤキに囲まれたホールは自信作だったらしい。

だが、ベント芝の生育は早い。帰宅後は練習より芝刈り作業が待っていた。
それでも『自前の土地ですから粗製ながら、旗竿を立てちょっとリッチな気分でボールを打ちました』と遠藤さんは大満足しながら、しばし《一人天下》のゴルフを楽しんだ。

しばらく手入れを怠ったある日、気づくと草ぼうぼう。そのうちミミズ、モグラが猛烈に繁殖し、荒れて管理がままならない状況に追い込まれ、私的なホールは無念の休場中。

『夏がきたら手入れして再開します・・・。』と本格的な夏の訪れを待ちわびている。

《写真・遠藤邸にある私的なホールだった庭先。いまは草ぼうぼうだが右側花壇がかつてグリーンだった・・・。丸内は遠藤さん》