Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
杉本“伊代ちゃん”の記念碑
感涙にむせんだ3人の顕彰者
ゴルフ殿堂、金井氏ら三氏を顕彰
カ杯に日本の参加を取り付けたゴルフ愛好家の外交官
近藤さん、安らかに〜関東学生ゴルフ最終日に出場者全員が黙とう
タンゴの国の名ゴルファー、ビセンゾさんが94歳で他界
近藤暾(あさひ)氏のご逝去
ギランバレー症候群を克服したレッスンプロの奮闘記
アーノルド・パーマーの思い出
橘田、勝俣の米国留学
戦後アマチュア界に新風を吹き込んだ日系二世
殿堂入りした石井朝夫さんを祝う会、賑やかに
第3回ゴルフ殿堂に顕彰された四氏
鑑田茂さんの死
三島弥彦さんの学習院野球時代
卒寿を迎えたレッスン上手のプロ鈴木喜三さん
《コメの飯だよ》が口癖だったプロゴルファー栗原甲子男(かしお)さん
世界一周を達成したゴルファー
戦前派のプロゴルファー、棚網良平さんの他界
競技委員長代行の凄いスポーツ歴
さよなら。東京ゴルフ倶楽部の名物ゴルファー西邑真さん
ゴルフ論文で学術博士号を取得した元公務員ゴルファー
チャンピオンはボウリングがお好き
2度泣いた新チャンピオン、両親をも泣かす
衰えぬフォークボール元祖の長打力
モグラ、ミミズにやられた熱烈ゴルファーの無念
名ゴルファー石井廸夫(いしいみちお)さんの死
井上誠一、設計コースの表情をとらえた〜大地の意匠〜
お懐かしや 荒川五月さん(元女優)。プレゼンターに
86歳、ただいま現役
久保田夫人が語る大正、昭和のゴルフ
さらば南アの黒豹
君島一郎さんのもうひとつの功績
南部利昭さんの悠揚迫らぬゴルフ
女子プロ育ての親、松島さん死去
祖母の意思を継いで20回出場の快挙
師匠は空手6段の猛者
ただいまエージシューティング86回目
室谷さんの諸国漫遊
オークモントに流れた兼さん、一世一代の声
春風に乗って出た鍋島直泰さんのダブルホールインワン
日本のゴルフの始祖を記念する清渓文庫


名ゴルファー石井廸夫(いしいみちお)さんの死 番組名:孔球偉人列伝

更新日(2010/11/11)

Vol.90

 10月末の新聞スポーツ面の片隅に、石井廸夫さんの死亡記事が小さく出ていた。享年85歳。去る11月1日、生まれ故郷の静岡県伊豆の国市で葬儀が行われた。

今どきのゴルファーには『石井』といってもピンとこないかも知れない。なにしろ昭和30年代に活躍したプロだから無理からぬことだろう。

石井さんは生まれ故郷の伊豆伊東にある川奈ホテルゴルフ場からプロになり、戦後の日本プロゴルフ界で大活躍した名プロである。

長年、関西の芦屋カンツリー倶楽部の専属プロを務め、関西オープン選手権での3度の優勝を始めとして日本プロシニア選手権など通算10勝を記録した実力者だが、流れるような美しいスウィングの持ち主であることの方がもっと有名だった。

生来の温厚な性格と物腰の柔らかから《廸ちゃん》という愛称で多くのゴルファーから親しまれた。

 石井さんが日本のプロゴルフ界で一躍、注目されたのはスウィングの美しさもさることながら昭和29(1954)年、日本のゴルフが初めて『カナダカップ』(第2回大会)に出場を認められた折である。
中村寅吉さん(故人)とペアを組んでカナダに遠征した。
さらに翌30(1955)年、カナダカップのロンドンにおける第4回大会で林由郎さんと組み、4位タイに入る原動力になった。
カナダカップはその翌年、日本で開催され中村、小野光一ペアの優勝で日本のゴルフは世界的に有名になり、ゴルフというスポーツの普及、発展に拍車がかかった。石井さんが残した前年団体4位タイと個人7位の成績は、それらの下地になった、と高い評価を受けた。

 川奈出身のプロには石井姓が多く、川奈ホテルのゴルフ場を足場にプロゴルフ界に進出した人物が多く生まれているが、この石井さんは現役時代、関西が足場だったため関東出身のプロということを知る人は少なかった。

大正生まれのプロの巨星がまた一つ消えたことになる。

《写真・中村寅吉さんと組んでカナダカップに出場した石井廸夫さん(中央)と松平駐カナダ日本大使》