Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
感涙にむせんだ3人の顕彰者
ゴルフ殿堂、金井氏ら三氏を顕彰
カ杯に日本の参加を取り付けたゴルフ愛好家の外交官
近藤さん、安らかに〜関東学生ゴルフ最終日に出場者全員が黙とう
タンゴの国の名ゴルファー、ビセンゾさんが94歳で他界
近藤暾(あさひ)氏のご逝去
ギランバレー症候群を克服したレッスンプロの奮闘記
アーノルド・パーマーの思い出
橘田、勝俣の米国留学
戦後アマチュア界に新風を吹き込んだ日系二世
殿堂入りした石井朝夫さんを祝う会、賑やかに
第3回ゴルフ殿堂に顕彰された四氏
鑑田茂さんの死
三島弥彦さんの学習院野球時代
卒寿を迎えたレッスン上手のプロ鈴木喜三さん
《コメの飯だよ》が口癖だったプロゴルファー栗原甲子男(かしお)さん
世界一周を達成したゴルファー
戦前派のプロゴルファー、棚網良平さんの他界
競技委員長代行の凄いスポーツ歴
さよなら。東京ゴルフ倶楽部の名物ゴルファー西邑真さん
ゴルフ論文で学術博士号を取得した元公務員ゴルファー
チャンピオンはボウリングがお好き
2度泣いた新チャンピオン、両親をも泣かす
衰えぬフォークボール元祖の長打力
モグラ、ミミズにやられた熱烈ゴルファーの無念
名ゴルファー石井廸夫(いしいみちお)さんの死
井上誠一、設計コースの表情をとらえた〜大地の意匠〜
お懐かしや 荒川五月さん(元女優)。プレゼンターに
86歳、ただいま現役
久保田夫人が語る大正、昭和のゴルフ
さらば南アの黒豹
君島一郎さんのもうひとつの功績
南部利昭さんの悠揚迫らぬゴルフ
女子プロ育ての親、松島さん死去
祖母の意思を継いで20回出場の快挙
師匠は空手6段の猛者
ただいまエージシューティング86回目
室谷さんの諸国漫遊
オークモントに流れた兼さん、一世一代の声
春風に乗って出た鍋島直泰さんのダブルホールインワン
日本のゴルフの始祖を記念する清渓文庫


さらば南アの黒豹 番組名:孔球偉人列伝

更新日(2009/07/09)

 黒豹とは南アのゲーリー・プレーヤーのニックネーム。黒ずくめのウェアーで世界のゴルフ界を沸かせた男だ。今年のマスターズトーナメント(4月9〜12日、米ジョージア州オーガスタ)の開幕を前に『マスターズ卒業』を宣言した。すでに73歳。体力面で距離の長いコースではもはや無理と悟ったのだろうか。マスターズの舞台から姿を消す名手に、多くのゴルフファンは寂しさを感じている。彼は日本でも馴染み深いゴルファーで、来日は数度に及んだ。その都度、多くの教訓を残している。体力の増強、精神集中の重要性を訴えていた。
 『私が世界の強豪と互角に戦えたのはたゆまず体力を鍛えてきたからだ』という語録がある。昭和40年代のこと。日本のプロ競技で優勝した時、表彰式を前にコースを走り、腕立て伏せをやってのけた。
 『あれはやり過ぎ』という声をよそに、平然とやり通した。現在、日本のツアープロたちはオフシーズンに筋肉トレーニングで体力増強を図っているのは、プレーヤーが残した教訓だろう。
 マスターズ出場は通算51回に及んだ。その間、61(昭和36)年には外国人は優勝できないというジンクスを破って初優勝した。マスターズの王座はスニード、ホーガンからビッグスリー(パーマー、ニクラウス、プレーヤー)、さらにタイガー・ウッズ、フィル・ミケルソンの時代へと大きく流れを変えた。


【写真・67年、ビッグスリーの一員として来日した時のプレーヤーのショット】