Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
杉本“伊代ちゃん”の記念碑
感涙にむせんだ3人の顕彰者
ゴルフ殿堂、金井氏ら三氏を顕彰
カ杯に日本の参加を取り付けたゴルフ愛好家の外交官
近藤さん、安らかに〜関東学生ゴルフ最終日に出場者全員が黙とう
タンゴの国の名ゴルファー、ビセンゾさんが94歳で他界
近藤暾(あさひ)氏のご逝去
ギランバレー症候群を克服したレッスンプロの奮闘記
アーノルド・パーマーの思い出
橘田、勝俣の米国留学
戦後アマチュア界に新風を吹き込んだ日系二世
殿堂入りした石井朝夫さんを祝う会、賑やかに
第3回ゴルフ殿堂に顕彰された四氏
鑑田茂さんの死
三島弥彦さんの学習院野球時代
卒寿を迎えたレッスン上手のプロ鈴木喜三さん
《コメの飯だよ》が口癖だったプロゴルファー栗原甲子男(かしお)さん
世界一周を達成したゴルファー
戦前派のプロゴルファー、棚網良平さんの他界
競技委員長代行の凄いスポーツ歴
さよなら。東京ゴルフ倶楽部の名物ゴルファー西邑真さん
ゴルフ論文で学術博士号を取得した元公務員ゴルファー
チャンピオンはボウリングがお好き
2度泣いた新チャンピオン、両親をも泣かす
衰えぬフォークボール元祖の長打力
モグラ、ミミズにやられた熱烈ゴルファーの無念
名ゴルファー石井廸夫(いしいみちお)さんの死
井上誠一、設計コースの表情をとらえた〜大地の意匠〜
お懐かしや 荒川五月さん(元女優)。プレゼンターに
86歳、ただいま現役
久保田夫人が語る大正、昭和のゴルフ
さらば南アの黒豹
君島一郎さんのもうひとつの功績
南部利昭さんの悠揚迫らぬゴルフ
女子プロ育ての親、松島さん死去
祖母の意思を継いで20回出場の快挙
師匠は空手6段の猛者
ただいまエージシューティング86回目
室谷さんの諸国漫遊
オークモントに流れた兼さん、一世一代の声
春風に乗って出た鍋島直泰さんのダブルホールインワン
日本のゴルフの始祖を記念する清渓文庫


日本のゴルフの始祖を記念する清渓文庫 番組名:孔球偉人列伝

更新日(2006/02/15)


日本人の手による日本人にためのゴルフ倶楽部は、大正2年に創立された東京ゴルフ倶楽部(現在は埼玉県狭山市)である。翌3年、東京・駒沢(東京オリンピック駒沢競技場)の地に、6ホールのゴルフ場を完成させたが、これが日本のゴルフの事始めである。

倶楽部創設の中枢を担ったのは日銀総裁、大蔵大臣を歴任した井上準之助(1868〜1932)だった。
氏の生地、大分県日田市には準之助の足跡を記念して遺品(書翰、愛用した日常品、狙撃された時の衣服など)の数々を展示した『清渓文庫』あがる。準之助は日田の造り酒屋の三男として生まれた。地元の日田教英中学(旧制)の4年生で仙台の第二高等学校に進み、東京帝国大学法科を卒業後、日本銀行に入った。
海外駐在員だった明治42年、ニューヨークで貿易商の新井領一郎に巡り合い、新井からゴルフというスポーツを学んだ。準之助は『ゴルフは中年を超えたビジネスマンの健康保持には最良のスポーツとしてゴルフが一番』とそれ以来、ゴルフを愛好した。

帰国後、日本では初めてのゴルフ倶楽部創設に乗り出し、東京・虎ノ門にあった社交倶楽部『東京倶楽部』の会員に呼びかけて、ゴルフ場を造利に奔走した。日本のゴルフはここから始まった。

 準之助は日本人の手で誕生した東京ゴルフ倶楽部の健全経営のために自ら名誉書記の大役を担い、銀行家の発想らしく倶楽部債を発行して資金を蓄積したり、借地のための借地人代表として賃貸契約を結んだ。文字通り倶楽部経営の中心人物として重きをなした。

 駒沢のコースは昭和7年5月、新天地を求めて埼玉県の朝霞に移転するが、その年の2月9日、選挙運動中不幸にも血盟団のテロに暗殺されて63歳の生涯を閉じた。準之助は日本のゴルフの基盤の確立に心血を注いだものの、不幸にして新天地に完成した東京ゴルフ倶楽部の朝霞コースでは一度もプレーすることはなかった。

 『清渓』とは準之助の号である。この博物館は小規模な施設ながら明治の偉人の足跡を確かに伝えている。造り酒屋は井上家の6代目が継ぎ、清酒角の井醸造元として盛業中。

(写真は生前の準之助と清渓文庫の玄関)

・ 所在地=大分県日田市大鶴町2299 電話0973−28−2213

・ 清渓文庫公開日  春季 3月1日〜5月31日  秋季 9月1〜11月30日