Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
 アプリ/コンペはリビングで参戦!
 
 


このコラムの他の記事
レッスンはベテランプロにお任せ
サム・スニードのかつら
赤星六郎の釣り三昧
女性キャディーの登場
クラブ造りの職人はプロの元祖
アメリカンフットボールに関わる話題
“細川流”のユーモアで対処していれば・・・
プレーオフ短期決戦の空しさ
マッチプレーを廃止したPGA CHAMPIONSHIP
ゴルフ外交〜キューバのカストロ元首相の友情(その1)〜
ゴルフ外交〜外交官とゴルフ〜
ゴルフ外交〜日米首脳会談の後日談〜
ゴルフ外交〜安倍総理とトランプ米大統領のゴルフ〜
カナダカップから60年
昼はゴルフ、夜は昔話に花咲く宴
日本オープン選手権の優勝カップ
オリンピックにまつわるゴルフの話
今日も元気だ! ゴルフが楽しい 会えば『おい、お前』
U.S.オープンゴルフ選手権の81年前のこと
法政大学体育会のカレンダー
ゴルフ競技と日章旗
法政大学ゴルフ部の新年宴会
学生ゴルフOB会、今年も盛大に
メダリストが見当たらない
7倶楽部のグランドシニアが奮戦ス。霞ケ関CCに栄冠
日本のゴルフ111年のドラマをまとめたカレンダー「GOLF LEGENDS」


赤星六郎の釣り三昧 番組名:ゴルフ温故知新

更新日(2022/06/02)

  日本に近代ゴルフを持ち込んだ赤星六郎(1898〜1944)。アメリカ留学から帰国したのは1925(大正14)年のこと。帰国後東京ゴルフ倶楽部に入会して、アメリカ仕込みの腕前を発揮した。アメリカでの競技(イースタントーナメント)に優勝した快挙は、余り知られず、日本のゴルフ界ではさほど話題にならなかった。情報網の不備などあって、伝達が不十分だったせいもある。

  ところが、アメリカのゴルフ界での評価は高く、ご本人の口から出た言葉で騒ぎ出す始末だった。赤星は『勝ちたくて必死にやったわけではない。いつ負けてもいいや。とやっているうちに勝っちゃった』といった次第だった。

  趣味は釣り。とくに投網にかけての腕前は、本職の漁師も驚くほどだった。戦時中のことだが、住まいを酒匂川(神奈川県)近くに構え、時間があれば釣りに出かけていた。しかし、ゴルフともなれば別で、プレークラブが錆びていようが、競技になると他が足元にも及ばないスコアで回っていた。この写真を撮影したゴルフ史家の小笠原勇八氏は『赤星さんがふるまってくれたタイの刺身の味は格別だった』

《写真・玄人の領域といわれた赤星の投網》