Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
アメリカンフットボールに関わる話題
“細川流”のユーモアで対処していれば・・・
プレーオフ短期決戦の空しさ
マッチプレーを廃止したPGA CHAMPIONSHIP
ゴルフ外交〜キューバのカストロ元首相の友情(その1)〜
ゴルフ外交〜外交官とゴルフ〜
ゴルフ外交〜日米首脳会談の後日談〜
ゴルフ外交〜安倍総理とトランプ米大統領のゴルフ〜
カナダカップから60年
昼はゴルフ、夜は昔話に花咲く宴
日本オープン選手権の優勝カップ
オリンピックにまつわるゴルフの話
今日も元気だ! ゴルフが楽しい 会えば『おい、お前』
U.S.オープンゴルフ選手権の81年前のこと
法政大学体育会のカレンダー
ゴルフ競技と日章旗
法政大学ゴルフ部の新年宴会
学生ゴルフOB会、今年も盛大に
メダリストが見当たらない
7倶楽部のグランドシニアが奮戦ス。霞ケ関CCに栄冠
ベーブ・ルースの大リーグとゴルフ
不可解なゴルフ用語の横行
同情金は優勝賞金より高かったという話
《和製英語の氾濫》 困った 困った
日本のゴルフ111年のドラマをまとめたカレンダー「GOLF LEGENDS」
『耳の不自由なゴルファーのための世界大会』
自然の風が技術を運んでくれる
BS社が威信を賭けて世に送り出したセット
乗用カートに小型キャディバッグを搭載する訳
省エネ電気駆動の乗用カート登場
練習ボール20万個の総入れ替え
日韓併合と3宮殿下盃
蜆の大量発生にびっくり
変だよ、キャディの旗持ち
砂も積もれば・・・・
陛下のカナダご訪問とカナダカップ
スチールシャフトの回帰現象
田中誠の石川遼応援歌
ゴルフウィドウ(ゴルフ未亡人)無縁
物知り歯科医の野草解説
理事長杯競技に理事長が勝っちゃった
天国からUターンしたゴルファーの忠告
幻となった手編みのヘッドカバー
日本ツアー機構新会長小泉直さんの夢
飛びのカギはディンプルにあり
ゴルフ場の温暖化対策
限りなく天然芝に近い人工芝
はにかみ王子のプロ入り話
カナダカップから50年
収穫祭の音頭取りは元東京オリンピック選手
松喰い虫退治
出てきた価値ある骨董品
名物ゴルファーが愛したヴォーリズの名建築
練習場と実戦の違いをどう埋める
ウィンターコンポで快適ゴルフを楽しもう
スチールシャフトで甦れ!
カラーボールが復活か!?
グローブの皮
進化したゴルフシューズの中身と重量


自然の風が技術を運んでくれる 番組名:ゴルフ温故知新

更新日(2012/07/19)

《多摩川のゴルフ練習場の物語》

  いまから60年前の昭和27年、多摩川の東京都寄りの河川敷に東京多摩川ゴルフ練習場(東京都大田区田園調布南7−4。TEL:03−3758−5628。東急多摩川線・沼部駅下車徒歩5分)という打ち放し、38打席のドライビングレンジが店開きをした。練習場を切り盛りするのは田中誠さん(72)だ。田中さんは昭和35年の法政大学を卒業した同大学法友会ゴルフ部のOBである。

 学生時代には関東学生選手権、昭和34年には関東アマ、卒業後は日本アマ(昭和35年)に優勝、世界アマチュアチーム選手権の日本代表として中部銀次郎さんらとアメリカに遠征するなど、日本のアマチュアゴルフの頂点を極めている。

 田中さんは大学卒業後、家業がこのゴルフ練習場だったことからプロに転向して、家業を継いだ。田中さんが大学に入った昭和30年代の初頭における関東における大学ゴルフの勢力分布は、一に慶應、二に早稲田、関西は甲南、関学という流れだった。そんな矢先、関東学生選手権の予選競技で法政大学の新人、田中誠さんが好スコアを出して脚光を浴びた。度のきつい眼鏡をかけた新人は、腕っぷしが強く、アメリカ製の重いクラブを難なく振り回した。

「ひ弱さ」が代名詞だったその時代の学生ゴルフ界に強烈なアッパーカットを打ち込んだような存在になった。田中さんの出現はひ弱い学生ゴルフのイメージを一変させた。そのわけは、高校時代から常に強い風の吹く多摩川河川敷でボールを打ってきたから。そこで覚えた技術は、向かい風に負けない打ち方、追い風に球を乗せて距離をかせぐる打ち方だった。常に自然の中でボールを打っている環境を実戦に結びつけたのだ。

 『親がここの練習場をやっていたことに感謝しています。何故ならゴルフは自然の中でやるスポーツですから、ここで練習をやることは耳から入る風の音、肌に感じる寒さ、暑さは実戦に結びつきます』という。

 いわれてみると松山英樹君(東北福祉大)がマスターズに出る前、ここの練習場の門を叩いた。昨年、日本アマに優勝した桜井勝之君(明治大)もここに足を運んだ。多摩川といえばプロ野球の読売巨人軍の練習場が有名だった。あの長島茂雄さんがチャンスに三振を食らうと、大向こうからヤジが飛んだ。『ナガシマ!多摩川で練習してこい!』 多摩川の風は表現できないある技術を運んでれるようだ。 

《写真・自然の風の大切さを語る田中さん》