Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
第5回カナダカップ大会から60年
日本プロゴルフ殿堂、本年度は6氏を顕彰
草創期の日本女子オープンゴルフ
三菱製国産初のジェット旅客機(MRJ)が飛んだ!
女流ゴルファ―の服装
やがて創設60回を迎える『中日クラウンズ』の知られざる歴史
大型球と小型球
ジュニアゴルフの育成に貢献した二世ゴルファー
猛打の空軍大佐殿
米軍ゴルファーの活躍
敗戦による連合国軍の進駐とゴルフ場
江の島にあったゴルフ場
世界遺産に登録された富岡の製糸場、生糸と新井領一郎
学生ゴルファーによるスポーツパレード
パインハーストと日本のゴルフ
カナダカップの会場決定の一瞬
J・グル―大使の戦争回避
晴れて女子プロと名乗れた日
体育の日の行進
忘れてならじ、林由郎(よしろう)の大きな功績〜98歳で年度初めに他界〜
5人の日本アマチャンピオン勢ぞろい
ティーペッグと砂
霞ヶ関CCの棕櫚(しゅろ)
人間ティーの恐怖
根岸Х神戸 インターポートマッチ


女流ゴルファ―の服装 番組名:ゴルフは時空を超えて

更新日(2016/07/21)

  日本の女子のゴルフの事始めは1910(大正時代の初期)年代に遡る。古い女流ゴルファーとして知られるのは三井栄子(さきこ)(三井弁蔵氏夫人)さん(1894〜1977)だ。三井さんは和泉岸和田藩の13代藩主だった岡部長職の長女として東京に生まれ、書の名人、歌は詠み、ピアノを弾き、外国語に堪能だったことから才女の誉れが高かった。女子学習院に学んだ後、三井弁蔵氏(三井家ご当主)と結婚してニューヨークの生活が長かった。アメリカ滞在中はテニスに親しんでいたが、親戚に当たる新井領一郎(生糸商)から『歳を取ってもできるスポーツがゴルフだ』と教えられ、テニスからゴルフに転向した。夫妻は帰国後、東京ゴルフ倶楽部(当時は東京・駒沢にあった)の近くに居を構え、夫妻による日本でのゴルフライフが始まった。

  1930(昭和5)年、アメリカから名手ウォルター・へーゲンが来日した時、へーゲンの同伴プレーを頼まれてお相手をした。三井夫人はこの時、ハーフを36のスコアで回り、へーゲンを驚かせた。感動したへーゲンはご褒美に、と自分が使っていたサンドウェッジを夫人にプレゼントした。

  この時の三井夫人の服装は純白のテニスウエアを着用していた。ロングスカ―トに長袖の上着で、今風のショートパンツとは大違いだった。

『あの時代は婦人用のゴルフウエアなどはなく、多くの方はテニスウエアを愛用していました。というのはテニスからゴルフに転向した方が多かったから、と記憶しています』と女子のウエアの流れをこう語っていた。1912(大正元)年には女子の東西対抗マッチが始まり、三井夫人は東軍のチームリーダーとして大活躍した。

  日本で女子ゴルフ競技の機運が高まり、1968(昭和43)年にTBS女子オープンゴルフが創始された。三井夫人はゴルフ界の先駆者らしく、自らが役員としての責務を背負い、コースに足を運んで若い女子プロたちを激励して大会を成功に導いた。この時の優勝者は樋口久子さん(女子プロゴルフ協会相談役)だった。

《写真・1930(昭和5)年の婦人東西対抗競技の記念撮影〜前列中央は東京婦人倶楽部総裁・朝香宮允子妃殿下、その右が三井夫人。この時代になるとモダンで軽快な服装が好まれた》