Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
第5回カナダカップ大会から60年
日本プロゴルフ殿堂、本年度は6氏を顕彰
草創期の日本女子オープンゴルフ
三菱製国産初のジェット旅客機(MRJ)が飛んだ!
女流ゴルファ―の服装
やがて創設60回を迎える『中日クラウンズ』の知られざる歴史
大型球と小型球
ジュニアゴルフの育成に貢献した二世ゴルファー
猛打の空軍大佐殿
米軍ゴルファーの活躍
敗戦による連合国軍の進駐とゴルフ場
江の島にあったゴルフ場
世界遺産に登録された富岡の製糸場、生糸と新井領一郎
学生ゴルファーによるスポーツパレード
パインハーストと日本のゴルフ
カナダカップの会場決定の一瞬
J・グル―大使の戦争回避
晴れて女子プロと名乗れた日
体育の日の行進
忘れてならじ、林由郎(よしろう)の大きな功績〜98歳で年度初めに他界〜
5人の日本アマチャンピオン勢ぞろい
ティーペッグと砂
霞ヶ関CCの棕櫚(しゅろ)
人間ティーの恐怖
根岸Х神戸 インターポートマッチ


やがて創設60回を迎える『中日クラウンズ』の知られざる歴史 番組名:ゴルフは時空を超えて

更新日(2016/05/14)

  1960(昭和35)年創始の『中日クラウンズ』ゴルフトーナメントは本年、57回目の大会を去る4月29日、名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで行った。最終日には韓国の金庚泰(キム キョンテ)と片岡大育が同点で並び、プレーオフを制した金が初の王座についたのは記憶に新しい。

    大会創始の頃は『中部日本招待 全日本アマプロ選手権』の名称で、1日36ホール、2日間の競技だった。その頃、名古屋には名古屋ゴルフ倶楽部、愛知CC、三好GCの各倶楽部と森林公園パブリックコースがあった。開催会場は上記3倶楽部を転々とした。

    この大会の創始に至るまでの間、こんな裏面史が潜んでいるのを紹介したい。大会の主催は名古屋を基盤とする中日新聞社(当時は中部日本新聞社)だった。同社は東京進出を視野に入れ東京中日新聞(現在は東京中日スポーツ)を創刊し、誌面の売りは『釣り』と『ゴルフ』。ゴルフの事業として、関東のPGAプロテスト合格者に10万円の報奨金を出す企画が立案された。

    昭和31年と翌32年、名古屋で日本プロ、日本オープンというビッグゲームが開催されたのに刺激され、中部地区におけるゴルフ熱が高まった。そこで中日新聞の社主だった大島一郎、小山龍三郎両氏は名古屋を訪れていた小寺酉二氏(JGA常務理事)を自社に招き『名古屋におけるゴルフのビッグゲームの開催の見通し』を諮問した。小寺氏は『地の利、ゴルフ界の現状』を分析しながら『開催可能』と太鼓判を押した。

    名古屋は関東、関西に挟まれた″偉大なる田舎都市″から脱却すべく、中部経済界の後押しを得て上記のゴルフトーナメントの開催に漕ぎつけた。昭和35年の春だった。翌36年から同系列の中部日本放送が共催に加わり、やがて中日クラウンズと名を変え、さらに飛躍した。第2回大会には優勝者に乗用車(トヨタパブリカ)が贈られるようになり、競技の模様は電波に乗り出した。

その間、海外の著名プロが参加するようになり、日本のゴルフ界を代表するトーナメントに成長しつつ3年後には60回を迎える。プロテスト合格者に10万円の報奨金を贈ることに端を発した事業の企画は、日本における最古の長寿競技になろうとは・・・。想像すらできなかった。

《写真上〜本年度大会のプログラム、写真〜初めて登場した副賞の乗用車と石井朝夫さん(第2回大会優勝者)》