Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
アプリ/コンペはリビングで参戦!
 
 


このコラムの他の記事
第5回カナダカップ大会から60年
日本プロゴルフ殿堂、本年度は6氏を顕彰
草創期の日本女子オープンゴルフ
三菱製国産初のジェット旅客機(MRJ)が飛んだ!
女流ゴルファ―の服装
やがて創設60回を迎える『中日クラウンズ』の知られざる歴史
大型球と小型球
ジュニアゴルフの育成に貢献した二世ゴルファー
猛打の空軍大佐殿
米軍ゴルファーの活躍
敗戦による連合国軍の進駐とゴルフ場
江の島にあったゴルフ場
世界遺産に登録された富岡の製糸場、生糸と新井領一郎
学生ゴルファーによるスポーツパレード
パインハーストと日本のゴルフ
カナダカップの会場決定の一瞬
J・グル―大使の戦争回避
晴れて女子プロと名乗れた日
体育の日の行進
忘れてならじ、林由郎(よしろう)の大きな功績〜98歳で年度初めに他界〜
5人の日本アマチャンピオン勢ぞろい
ティーペッグと砂
霞ヶ関CCの棕櫚(しゅろ)
人間ティーの恐怖
根岸Х神戸 インターポートマッチ


大型球と小型球 番組名:ゴルフは時空を超えて

更新日(2016/02/02)

  日本のゴルフの黎明期は英国のゴルフを手本にしていた。ボールを打つ技術を始めとして規則、用具などなどすべて英国から知識、用具を輸入して普及してきた。だから日本のゴルフ競技は戦前、規則に従って英国サイズの球を使った。だが戦後は日本に進駐した米軍に接収されたこともあって英国流から米国流に姿を変えていった。その顕著な例は使用球だ。日本は草創期においては英国の規則を採用していたから戦前の競技はすべて小型球(イングリッシュサイズといった)だった。

    ところが昭和20年の終戦を境に、使用球が変わった。ご承知のように日本は戦争に負けて国土は連合国軍の統治下におかれ、日本の国土に進駐したのは米国軍だった。アメリカは世界に冠たるゴルフ王国で、日本に進駐した米軍は日本のゴルフ場を接収した。畑になっていたり、旧日本軍の陣地だった戦前からのゴルフ場は、瞬く間に米軍の手でゴルフ場に蘇った。

    日本のゴルフが再開されたのは昭和21年頃だが、ゴルフを統括するゴルフ協会の復活は昭和25年のこと。肝心のゴルフ規則はこの時、従来の英国規則から米国の規則を採用することに決まった。となればボールのサイズが変わって当然だ。しかしゴルフ界には家庭の事情がある。即座にというわけにはいかなかった。しばらくの間は大小サイズの併用時代が続いたが、昭和52年に日本オープンの使用球が大型球になり、平成2年に日本の規則は大型球を公認球とし、小型球の使用は禁止となって市場から姿を消した。
(ゴルフボールには規則の上で厳しい条件があり、現在の大型球のサイズの規定〜直径4.3mmより小さくないもの。重さは45gより重くないもの)

≪写真・近年の大型球≫