Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
  スコア管理・ラウンド日記など
  ゴルフに関してお任せ下さい。

ログインお問合せ
サイトトップページ ゴルフ歴史館 ゴルフ歴史館 コミュニティ スコア管理 コラム ゴルフ用品界 全国工房案内 文字サイズより小さくする普通のサイズにするより大きくする
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
第5回カナダカップ大会から60年
日本プロゴルフ殿堂、本年度は6氏を顕彰
草創期の日本女子オープンゴルフ
三菱製国産初のジェット旅客機(MRJ)が飛んだ!
女流ゴルファ―の服装
やがて創設60回を迎える『中日クラウンズ』の知られざる歴史
大型球と小型球
ジュニアゴルフの育成に貢献した二世ゴルファー
猛打の空軍大佐殿
米軍ゴルファーの活躍
敗戦による連合国軍の進駐とゴルフ場
江の島にあったゴルフ場
世界遺産に登録された富岡の製糸場、生糸と新井領一郎
学生ゴルファーによるスポーツパレード
パインハーストと日本のゴルフ
カナダカップの会場決定の一瞬
J・グル―大使の戦争回避
晴れて女子プロと名乗れた日
体育の日の行進
忘れてならじ、林由郎(よしろう)の大きな功績〜98歳で年度初めに他界〜
5人の日本アマチャンピオン勢ぞろい
ティーペッグと砂
霞ヶ関CCの棕櫚(しゅろ)
人間ティーの恐怖
根岸Х神戸 インターポートマッチ


ジュニアゴルフの育成に貢献した二世ゴルファー 番組名:ゴルフは時空を超えて

更新日(2015/10/06)

  ジュニアのゴルフが普及した今日、小学生や中学生のゴルファーが誕生しても不自然ではないが、戦前のゴルフ界では少年、少女のゴルフは考えられなかった。『ゴルフとは大人の遊び』というのがゴルフにたいする概念が強かったからで、少年、少女がクラブを振ることはなかった。

  しかし、戦後の日本のゴルフはアメリカのゴルフの影響を受け、ゴルフに対する考え方が変わった。

  戦後のアマチュアゴルフ界に大きな影響を与えた米軍人や日系二世ゴルファーのことは、一連の歴史館シリーズで語っているが、もう一人の日系二世ゴルファーを紹介したい。『オカフジ・タケオ』(岡藤 武夫)。ハワイ生まれのゴルファーだ。米空軍の軍属として立川米空軍に勤務していたが、兵役を退いてから、しばらく日本に滞在して日本のアマチュア競技に出ていた。そのうち日本人のジュニアゴルフの育成に情熱を傾けるようになり、昭和30年代の初期だが米軍専用のゴルフ場を利用して日本のジュニアゴルフのための教室を開く先頭に立った。その時代、ジュニアの競技はなく、ゴルフ場はジュニアには容易に開放してくれなかった。だが米軍専用のゴルフ場は理解が深く、簡単に開放してくれた。これが日本におけるジュニア育成の発端だが、少し遅れてゴルフの専門雑誌や新聞がジュニアの競技を開催するようになった。いまやアマチュアの競技団体やプロ協会が主催するジュニアゴルフのためのスクールや競技会は花盛り。だが、日系二世ゴルファーのオカフジ・タケオの足跡を論じるところは全くないのは残念だ。

≪写真・アマチュア競技で活躍するオカフジ・タケオさん≫〆