Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
第5回カナダカップ大会から60年
日本プロゴルフ殿堂、本年度は6氏を顕彰
草創期の日本女子オープンゴルフ
三菱製国産初のジェット旅客機(MRJ)が飛んだ!
女流ゴルファ―の服装
やがて創設60回を迎える『中日クラウンズ』の知られざる歴史
大型球と小型球
ジュニアゴルフの育成に貢献した二世ゴルファー
猛打の空軍大佐殿
米軍ゴルファーの活躍
敗戦による連合国軍の進駐とゴルフ場
江の島にあったゴルフ場
世界遺産に登録された富岡の製糸場、生糸と新井領一郎
学生ゴルファーによるスポーツパレード
パインハーストと日本のゴルフ
カナダカップの会場決定の一瞬
J・グル―大使の戦争回避
晴れて女子プロと名乗れた日
体育の日の行進
忘れてならじ、林由郎(よしろう)の大きな功績〜98歳で年度初めに他界〜
5人の日本アマチャンピオン勢ぞろい
ティーペッグと砂
霞ヶ関CCの棕櫚(しゅろ)
人間ティーの恐怖
根岸Х神戸 インターポートマッチ


霞ヶ関CCの棕櫚(しゅろ) 番組名:ゴルフは時空を超えて

更新日(2010/12/15)

 霞 ヶ関CC(埼玉県川越市)を象徴するといえば大げさだが、東コースの1番ティの横に、3本の大きな棕櫚の木があったのをご記憶の方は、会員の中でも少ないのではなかろうか。″老舗ゴルフ場″我孫子GCのご神木と並んで関東の名門倶楽部に残る名物樹木の一つだった。しかし10年ほど前のコース改造で切り倒された。

 棕櫚の木とは、広辞苑によると、ヤシ科の常緑喬木で、各地で栽培されている。幹は6メートル余りの円柱形で幹部は毛で覆われている。一般的には馴染みのある樹木だ。
 しかし東コースは部分的に改造されて距離が延び、この時、棕櫚の木は邪魔になることから姿を消した。

   昭和32年、カナダカップがここで開催された。この時の人気ペアはアメリカのサム・スニードとジミー・ディマレーだった。両者が練習ラウンドのティオフを捉えたワンショットには偶然にも棕櫚の木が写っている。近年、棕櫚の復活を唱える会員の声があると聞いたが、実現していない。

【写真・左からディマレー、スニード。昭和32年】