Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
  スコア管理・ラウンド日記など
  ゴルフに関してお任せ下さい。

ログインお問合せ
サイトトップページ ゴルフ歴史館 ゴルフ歴史館 コミュニティ スコア管理 コラム ゴルフ用品界 全国工房案内 文字サイズより小さくする普通のサイズにするより大きくする
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
第5回カナダカップ大会から60年
日本プロゴルフ殿堂、本年度は6氏を顕彰
草創期の日本女子オープンゴルフ
三菱製国産初のジェット旅客機(MRJ)が飛んだ!
女流ゴルファ―の服装
やがて創設60回を迎える『中日クラウンズ』の知られざる歴史
大型球と小型球
ジュニアゴルフの育成に貢献した二世ゴルファー
猛打の空軍大佐殿
米軍ゴルファーの活躍
敗戦による連合国軍の進駐とゴルフ場
江の島にあったゴルフ場
世界遺産に登録された富岡の製糸場、生糸と新井領一郎
学生ゴルファーによるスポーツパレード
パインハーストと日本のゴルフ
カナダカップの会場決定の一瞬
J・グル―大使の戦争回避
晴れて女子プロと名乗れた日
体育の日の行進
忘れてならじ、林由郎(よしろう)の大きな功績〜98歳で年度初めに他界〜
5人の日本アマチャンピオン勢ぞろい
ティーペッグと砂
霞ヶ関CCの棕櫚(しゅろ)
人間ティーの恐怖
根岸Х神戸 インターポートマッチ


根岸Х神戸 インターポートマッチ 番組名:ゴルフは時空を超えて

更新日(2010/12/13)

 西 暦1902年といえば、日本暦に直すと明治35年だ。この頃、既に日本に住んでいた外国人ゴルファーたちは大いにゴルフを楽しみ、倶楽部対抗戦をやっていた。

 日本で初めてのゴルフ場は神戸六甲山上にできた神戸ゴルフ倶楽部である。それから遅れて横浜に住んでいた外国人の手で根岸の競馬場内にコースができた。ゴルフ場は『ニッポン レース クラブ ゴルフイング アソシエーション』(根岸)という名称で横浜在住の外国人専用だった。トラックの内側に9ホールがあった。
この両倶楽部は年1回、神戸Х横浜インターポートマッチを繰り広げた。ともに港町だったことから、ポートという言葉が使われたらしい。まだ、日本人は、僅かの人数が外国で体験した程度という時代のことだ。対抗戦は昭和の初期まで続いた。

 写真は明治35年11月15日、根岸で行われた対抗マッチの集合写真である。写っているのは神戸と根岸を代表したゴルファーたち。学校の校舎を思わせる建物はクラブハウスだろう。日本人の若者が大勢写っているがキャディか、球探し要員。

この時から遅れること11年、大正2(1013)年に日本人の手による日本人のための東京ゴルフ倶楽部が東京・駒澤に誕生した。

この対抗戦がやがて日本アマチュア選手権となる。

【写真・対抗マッチの集合写真】