Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
日本人にゲンのいいバルタスロールGC(米ニュージャージー州)
狭山のお茶と日本オープン
磯子CCのスタートテラス
武蔵OGMゴルフクラブで見つけた逸品カレーライス
総武カントリークラブの喫煙室
知られざる逸品〜美味、ミネラル、ビタミンが豊富な鳩豆うどん〜
たがためにコースはある?
白亜の殿堂全景
レーモンドの遺作、倶楽部ハウスの保存運動
大自然の中のボナリGC18ホール
日本初!!長野の大地で全米オープン???
有形文化財になった富士CCのハウス
隠れた名コース 紫CCすみれコースのこと
富士CC夏の夜のお祭りは今年も大盛況
富士CCに育つ『7本の黒澤桜』
温泉よし ロッジよし コースよし 脚光を浴びる烏山城CC
嵐山名物のアップルパイ
育てカブトムシ
中華街に負けない味、磯子CCの中華料理
冨士CC50年、設計者の記念碑
カンボジアのゴルフ事情
富士カントリークラブの50年
新宿御苑100年、御苑にあったゴルフ場
ゴルフ場で育つカブトムシ
会員権相場が3倍の値上が・・・といわれるゴルフ場
サンドグリーン
呉羽の焼き芋
図面で甦った幻の秩父CC北コース


たがためにコースはある? 番組名:ゴルフコース見聞録

更新日(2013/05/09)

日本ゴルフ協会(JGA)から届いた広報文に『2014年度 日本女子オープン選手権の開催コース変更』という知らせがあった。明年の日本女子オープンは竜ヶ崎カントリー倶楽部(茨城県)で開催される予定だったが5月1日、急遽、琵琶湖カントリー倶楽部(滋賀県)にコースが変更という内容だ。前例のない急な開催コースの変更に、なぜ? と疑問が沸く。JGAの広報文は『開催条件について最終合意に至らないことが生じたから・・・』と伝えている。その裏にトラブルがあったと勘繰られても仕方がない。

 開催に関しては数年前から、打ち合わせを重ねたはず。その段階で、条件などは合意に達していたから開催が本決まりになったはず。  開催条件とはコースの設営に関するJGAが要求する条件のこと。これがネックになったのが返上の理由と思われる。前代未聞のできごとだ。

 同じように、今秋、日本女子オープンを開催するため、開催条件を満たすために会員が慣れ親しんでいる樹齢50年以上に及ぶ『めたてせこいや』を移植させた1件がある。考えさせられる問題だ。この秋、開催される日本女子オープンのために相模原ゴルフ倶楽部は、東コース18番にある大木(幹の周りは3.5メートル以上)を移植させて、開催条件を整えた。大木はグリーンの手前130ヤードの中央地点にあった。それをティ方向から見て左側に50ヤードほど移植した。植木の専門職に聞くと『軽く数百万はかかる』という。実に無駄な経費をかけるものだ。

 この1件に古参会員は怒りを露わにする。

  『わがゴルフ場は女子オープンを開くためのものではない。会員のためにある。景観は変わるし、あの立木があったから、手こずった。それが却って面白かった。それより主催者側は、あれこれとヒステリックに条件を突き付けてくる。許せない。なぜアメリカ流を好む。日本には日本のゴルフがある。あえて競技開催コースをアメリカ式に当てはめてまで開催する必要があるのか』

  競技主催者の日本ゴルフ協会は陸上、体操などと肩を並べる競技団体だ。男女のオープン選手権の主催者だが、競技の開催より重要な責務は日本のゴルフの普及、発展だ。開催コースに過酷な開催条件を突き付けるのは、開催クラブにとっては大迷惑だろう。ゴルフの普及、発展を阻害するような愚かな行為だ。そんな悪例は今後に残すべきでない。

《写真・かつて大木は旗竿の先方にあったが、向かって右に植え替えられたため、景観が変わった》