Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
日本人にゲンのいいバルタスロールGC(米ニュージャージー州)
狭山のお茶と日本オープン
磯子CCのスタートテラス
武蔵OGMゴルフクラブで見つけた逸品カレーライス
総武カントリークラブの喫煙室
知られざる逸品〜美味、ミネラル、ビタミンが豊富な鳩豆うどん〜
たがためにコースはある?
白亜の殿堂全景
レーモンドの遺作、倶楽部ハウスの保存運動
大自然の中のボナリGC18ホール
日本初!!長野の大地で全米オープン???
有形文化財になった富士CCのハウス
隠れた名コース 紫CCすみれコースのこと
富士CC夏の夜のお祭りは今年も大盛況
富士CCに育つ『7本の黒澤桜』
温泉よし ロッジよし コースよし 脚光を浴びる烏山城CC
嵐山名物のアップルパイ
育てカブトムシ
中華街に負けない味、磯子CCの中華料理
冨士CC50年、設計者の記念碑
カンボジアのゴルフ事情
富士カントリークラブの50年
新宿御苑100年、御苑にあったゴルフ場
ゴルフ場で育つカブトムシ
会員権相場が3倍の値上が・・・といわれるゴルフ場
サンドグリーン
呉羽の焼き芋
図面で甦った幻の秩父CC北コース


中華街に負けない味、磯子CCの中華料理 番組名:ゴルフコース見聞録

更新日(2008/10/09)

 横浜市磯子区にある磯子カンツリークラブ(鈴木康浩会長、会員総数1319人)は、開場は昭和34年(9ホール)というから創設50年を迎える。
横浜では程ヶ谷CCに次いで2番目に古いゴルフ場で、開設期、ゴルフ好きの作家・獅子文六さんが『横浜なら中華だよ』という食事に関する一言に端を発し、中華料理にこだわった。
食堂で提供される『中華料理の味は秀逸』と会員のみならずビジターからも評判がいい。コックを中華街や本場中国から招き、具に品質のいい豚肉、貝柱、長ネギを使った手作り『シュウマイ』がいつしかここの名物になった。お値段、味で好評なのは中華ご膳セット(2100円)。でシュウマイ、かに玉、焼き豚などボリュームたっぷりの7品もある。 この地にゴルフ場建設を思い立ったのは母体会社(横浜観光土地株式会社)の先代社長だった鈴木藤二(すずきとうじ)氏(昭和39年、57歳で没)。

 鈴木家は同市磯子区田中で400年を超える旧家で、先祖伝来の広い土地を所有していた。藤二氏は友人の勧めで横浜市内にある円海山(標高125メートル)周辺20万坪の土地に18ホールのコースを完成させたのは昭和35年だった。藤二氏亡き後、二男の康浩氏が事業を引き継いだ。康浩氏は法政大学ゴルフ部で活躍し、ゴルフに精通している。『直営の食堂だからできること。料理もコース管理もこだわりあるのみ』と語っている。名物のシュウマイ(10個、1984円)はコースの枠を乗り越え、新設の新横浜駅ビル3階の直営店『横浜中華点心 Isogo Country Club』で販売されている。

【写真・コースの食堂で提供される中華ご膳セット】