Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
日本人にゲンのいいバルタスロールGC(米ニュージャージー州)
狭山のお茶と日本オープン
磯子CCのスタートテラス
武蔵OGMゴルフクラブで見つけた逸品カレーライス
総武カントリークラブの喫煙室
知られざる逸品〜美味、ミネラル、ビタミンが豊富な鳩豆うどん〜
たがためにコースはある?
白亜の殿堂全景
レーモンドの遺作、倶楽部ハウスの保存運動
大自然の中のボナリGC18ホール
日本初!!長野の大地で全米オープン???
有形文化財になった富士CCのハウス
隠れた名コース 紫CCすみれコースのこと
富士CC夏の夜のお祭りは今年も大盛況
富士CCに育つ『7本の黒澤桜』
温泉よし ロッジよし コースよし 脚光を浴びる烏山城CC
嵐山名物のアップルパイ
育てカブトムシ
中華街に負けない味、磯子CCの中華料理
冨士CC50年、設計者の記念碑
カンボジアのゴルフ事情
富士カントリークラブの50年
新宿御苑100年、御苑にあったゴルフ場
ゴルフ場で育つカブトムシ
会員権相場が3倍の値上が・・・といわれるゴルフ場
サンドグリーン
呉羽の焼き芋
図面で甦った幻の秩父CC北コース


カンボジアのゴルフ事情 番組名:ゴルフコース見聞録

更新日(2008/03/12)

 『カンボジアに素晴らしいゴルフ場があるので、プレーしてみないか』と誘われ、2月の中旬、半信半疑で出かけた。世界遺産のアンコールワット(お寺の街という意味)はよく知っているが、ゴルフ場は初耳だったからだ。東京から関西空港を経由して約6時間、アンコールワットの玄関口、シェムリアップ(国土の北西部に位置する)に到着する。ここには2ヶ所の本格的なコースがあった。2年前にできた『ホキットラーCC』と開場1年目の『アンコールリゾート』。両コースともこの国では初めてのゴルフ場である。リンクスを連想させる18ホールのチャンピオンシップコースだった。来場者はまだ少ないせいか、芝(ティフトン)の状態は上々。前者はタイ国の事業家の経営、後者はヨーロッパのプロツアーで活躍しているニック・ファルドの設計で完成した世界水準の本格派のコースだ。

 『ホキットラーCCは先輩格だけあって、クラブハウス、食堂も完備していて、キャディも手慣れている。人件費は安いからプレーヤー一人にキャディ一人が乗用カートで付き添ってくれる。目標の方向を見誤る心配はない。
気候は12月から3月にかけて、日本人ゴルファーにとっては最高のシーズンのようだ。直射日光の下では摂氏30度を超える。だが国土全体が高台になっているので湿度が低く、日本の5月中旬の陽気に匹敵する快適さだった。
 うねったグリーン、フェアウエーに食い込んだウォーターハザードが曲者で、難しさを感じさせる。ここが日本のバブル時期に完成したコースとは一味違った内容であろう。腕自慢、冬の寒さから脱出したいゴルファーにはぜひ挑戦していただきたいゴルフ場のようだ。
 気になるプレー費用はグリーンフィー、キャディフィーで150米ドルほど。個人でプレーするよりグループで旅行会社を通じた方が安上がりのようだ。ホキットラーCCでは昨年、プロ競技のカンボジアオープンが開催され、日本のプロも出場しているが、現地人のゴルファーはいない。




【写真・世界遺産のアンコールワットの日の出とホキットラーCCとアンコールリゾートのコース】