Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
  スコア管理・ラウンド日記など
  ゴルフに関してお任せ下さい。

ログインお問合せ
サイトトップページ ゴルフ歴史館 ゴルフ歴史館 コミュニティ スコア管理 コラム ゴルフ用品界 全国工房案内 文字サイズより小さくする普通のサイズにするより大きくする
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
日本人にゲンのいいバルタスロールGC(米ニュージャージー州)
狭山のお茶と日本オープン
磯子CCのスタートテラス
武蔵OGMゴルフクラブで見つけた逸品カレーライス
総武カントリークラブの喫煙室
知られざる逸品〜美味、ミネラル、ビタミンが豊富な鳩豆うどん〜
たがためにコースはある?
白亜の殿堂全景
レーモンドの遺作、倶楽部ハウスの保存運動
大自然の中のボナリGC18ホール
日本初!!長野の大地で全米オープン???
有形文化財になった富士CCのハウス
隠れた名コース 紫CCすみれコースのこと
富士CC夏の夜のお祭りは今年も大盛況
富士CCに育つ『7本の黒澤桜』
温泉よし ロッジよし コースよし 脚光を浴びる烏山城CC
嵐山名物のアップルパイ
育てカブトムシ
中華街に負けない味、磯子CCの中華料理
冨士CC50年、設計者の記念碑
カンボジアのゴルフ事情
富士カントリークラブの50年
新宿御苑100年、御苑にあったゴルフ場
ゴルフ場で育つカブトムシ
会員権相場が3倍の値上が・・・といわれるゴルフ場
サンドグリーン
呉羽の焼き芋
図面で甦った幻の秩父CC北コース


ゴルフ場で育つカブトムシ 番組名:ゴルフコース見聞録

更新日(2006/09/13)

 ひところ、日本のゴルフ場は農薬を使って雑草を退治していたので、なかなか昆虫が育たなかった。
だが、最近はトンボ、蝉は言うに及ばず、モグラまでが頻繁に出没するほど、全国的に環境がよくなった。農薬の使用が減ってきたせいだろう。

先日、東京ゴルフ倶楽部(埼玉県狭山市)でプレーしていたら、キャディが
「コースの片隅にあるクヌギの大木にカブトムシが育っていますよ」
と教えてくれた。
「けれども烏に襲撃されて自慢に角を残して食べられちゃうから可愛そう」
という。

カブトムシやクワガタムシは、昆虫好きの子供たちにとっては羨望の的だ。東京ゴルフ倶楽部のコースの隅にあるクヌギには数年前からカブトムシ、クワガタムシが育つようになったといわれる。クヌギは推定で樹齢70年以上。5メートルほどの高さのところから樹液が流れ出ており、ここにカブトムシが留まって甘い汁を吸っている。さらにクワガタムシ、蝶も共存していて、いまや昆虫の育つ名所になった。

 ここ何年もの間、日本ではここ数年、森林の伐採、乱獲で昆虫が極端に激減したといわれる。そのせいか昆虫専門店、デパートなどで売っているものは南米や東南アジアからの輸入物が多いというから、それ故に日本のゴルフ場に育つ昆虫は希少価値があろう。

 カブトムシにとっては折角、美味しい樹液にありつけても烏という天敵に襲われるからゴルフ場の大木といえども絶対的なオアシスとはいえない。時には人間に捕獲されるからまるで地獄だ。昆虫にとって天国はないのか。昆虫が育つ環境は農薬なしの安全の証。だがムシたちにとってはその逆でもある。

【東京ゴルフ倶楽部のコース片隅の大木を仲良く歩くカブトムシとクワガタムシ】