Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
  スコア管理・ラウンド日記など
  ゴルフに関してお任せ下さい。

ログインお問合せ
サイトトップページ ゴルフ歴史館 ゴルフ歴史館 コミュニティ スコア管理 コラム ゴルフ用品界 全国工房案内 文字サイズより小さくする普通のサイズにするより大きくする
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
JGAナショナルチームの2017年度の決算
『百獣の王者』が集った・・・。
法政大学体育会ゴルフ部女子チーム優勝祝賀会盛大に
右、左で打っても250ヤードのロングドライブ
小さなグループのささやかな祝勝会
男はAブロック入り、女子はAブロック定着を誓う
今日も元気だ。ゴルフが楽しい
研修会のテーマは、まず”目土”の励行
関東女子学生春季対抗戦Aブロックの大波乱
KGAのジュニアスクール盛況
法政大学ゴルフ部、決意新たに新年会
東大ゴルフ部女子チームが、対抗戦で大奮闘
両佐藤さんの剛腕
KSGA 新人対象の研修会が開かれる
無冠の時代に終止符を打った秋元さん
卒業証書の重み
関東学生ゴルフ選手権60年、関東女子学生ゴルフ選手権50年
学生ゴルファーは乗用カートが苦手?
忘れ去られた関東プロゴルフ選手権
1勝より、まずは卒業証書
知られざる東京大学ゴルフ部過去の実績
ものをいった母娘の固いチームワーク
これで母子対等!
関東ゴルフ連盟の生みの親
関東ゴルフ連盟のスローガン
法大ゴルフ部OBの植木屋さん繁盛記
14歳チャンピオンのハットオフ
関東学生ゴルフ連盟新会長に中島敬夫氏
竹田恆正JGA副会長の期待度
両親に贈る手紙の朗読
立教大ゴルフ部の50年
東京ゴルフ倶楽部の燕
法政大ゴルフ部の男女日本アマ制覇の快挙
早稲田の50年


研修会のテーマは、まず”目土”の励行 番組名:我、アマチュアナリスト(アマチュアゴルファー奮戦記)

更新日(2014/06/13)

  アコーディアグループ傘下で長崎県佐世保市にある『佐世保国際CC』『ハウステンボスCC』『長崎パークCC』の3クラブのメンバーによる合同研修会(石田輝夫会長)が5月18日、長崎パークCCで開かれた。研修会という催し物は元来、クラブ単位で行うのが慣例だが、今回の研修会は同じグループに属する3クラブ合同という新しい試みだった。この合同研修会を立ち上げた幸崎秀逸さん(佐世保・第一検査工業社長)は『研修会といえば、ともすれば腕自慢の同士のプレーで、ベットがつきもの』と外部の方に対しては、あまりいい印象を与えていない傾向が強かった。』

『日本のゴルフ草創期には、先人たちは外人俱楽部と交流を重ねながら、技術情報を交換し、規則や作法を覚えてきた。日本のアマチュアには東西対抗という大きな競技があり、東西が交流を重ねて切磋琢磨してきた。先人が残した実績を参考に、会員として健全な普及を目指し、単にプレーしてスコアを競うだけでなく、作法の向上を加味し、3クラブが一堂に会して情報の交換、知り合える喜びを体験しよう』と趣旨をこう説明してくれた。この日は3クラブから腕達者のゴルファー46人が参加して18ホールをプレーした。それも単にプレーするだけでなく、今回は目土の励行をテーマに掲げ、全員が目土袋を携え、コース愛護の精神を発揮した。

『どこのクラブにも会員としての権利と義務があるはず。ともすれは権利を主張するだけで、会員としての義務を忘れがち。それを履修する場でありたい。いずれはグループ傘下のクラブ同士でいろいろな競技をやってみたい』と世話役たちは、クラブ愛の精神の涵養になり、傘下のクラブ同士の交流を盛んにしたいという夢を抱いている。

《写真・佐世保の3クラブ合同研修会の世話役のみなさん。左から石田輝夫会長、幸崎秀逸氏、徳久邦夫氏》