Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
JGAナショナルチームの2017年度の決算
『百獣の王者』が集った・・・。
法政大学体育会ゴルフ部女子チーム優勝祝賀会盛大に
右、左で打っても250ヤードのロングドライブ
小さなグループのささやかな祝勝会
男はAブロック入り、女子はAブロック定着を誓う
今日も元気だ。ゴルフが楽しい
研修会のテーマは、まず”目土”の励行
関東女子学生春季対抗戦Aブロックの大波乱
KGAのジュニアスクール盛況
法政大学ゴルフ部、決意新たに新年会
東大ゴルフ部女子チームが、対抗戦で大奮闘
両佐藤さんの剛腕
KSGA 新人対象の研修会が開かれる
無冠の時代に終止符を打った秋元さん
卒業証書の重み
関東学生ゴルフ選手権60年、関東女子学生ゴルフ選手権50年
学生ゴルファーは乗用カートが苦手?
忘れ去られた関東プロゴルフ選手権
1勝より、まずは卒業証書
知られざる東京大学ゴルフ部過去の実績
ものをいった母娘の固いチームワーク
これで母子対等!
関東ゴルフ連盟の生みの親
関東ゴルフ連盟のスローガン
法大ゴルフ部OBの植木屋さん繁盛記
14歳チャンピオンのハットオフ
関東学生ゴルフ連盟新会長に中島敬夫氏
竹田恆正JGA副会長の期待度
両親に贈る手紙の朗読
立教大ゴルフ部の50年
東京ゴルフ倶楽部の燕
法政大ゴルフ部の男女日本アマ制覇の快挙
早稲田の50年


両佐藤さんの剛腕 番組名:我、アマチュアナリスト(アマチュアゴルファー奮戦記)

更新日(2013/08/15)

 この夏、関東女子ジュニアと関東女子学生のゴルフ競技を観戦して驚いた。両競技の優勝者のスコアは二桁のアンダーパーのスコアだったからだ。女子のゴルフ競技でアンダーパーのスコアを出すのは容易ではないが、今回は周囲を唖然とさせる快挙が二つあった。

 関東ジュニアの女子競技は8月2日、千葉県の千葉CC野田コースで最終日の競技が行われ、15歳〜17歳の部に出場したで佐藤耀穂さん(埼玉・栄高校2年生)は54ホールを通算203で回り連覇を達成した。
そのスコアのラウンドごとの数字は71・65・67。通算して203打(10アンダーパー)という驚異的な数字だった。とくに2ラウンド目のー7の65は驚きの一言だ。ちなみにイーブンパーの216で回った桑原萌さん(高崎健大付属女子高1年生)が11位だから、いかに高レベルの戦いだったかが察知できるというもの。
この調子で72ホールの競技だったとしたら、仮に最終ラウンドをイーブンパーで回ったとしてスコアは275となり通算13アンダーパーになる。
 10年前だが、同じコースで日本女子オープンが開かれた。服部道子さんが勝ったが、この時のスコアが287。佐藤さんの楽々優勝に匹敵するスコアだ。

 一方、大学生も負けていない。関東女子学生ゴルフ選手権は、8月8日、埼玉県の狭山GCで行われ、佐藤絵美さん(東北福祉大学4年生)が54ホールを206で回って2年連続3回目の優勝を飾った。佐藤さんのスコアは66、70、70で、だった。2位の沖せいらさん(同大3年生)を10打も引き離した。

 近年、若いゴルファーが使う用具の性能が上がり、若者の体力も向上した。両佐藤さんのドライブの飛距離は恐らく250ヤード前後だろう。300ヤード台のパー4だと、2打目はピッチングウェッジで届く。日本ゴルフ協会のジュニア育成委員会の関係者は『用具に助けられている点もあるが、ゴルフに大切な筋力を鍛えるトレーニングの成果だ』と分析しているが、ゴルフは単なる遊びでなく、運動として真剣に取り組んだ証といえうだろう。高校生の佐藤さんが17歳、大学生の佐藤さんは21歳。

《写真上・関東女子ジュニアを制した佐藤耀穂さんがカップを受けるところ》
(KGAホームページより)

《写真下・関東女子学生で3度目の優勝を飾った佐藤絵美さん》