Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
JGAナショナルチームの2017年度の決算
『百獣の王者』が集った・・・。
法政大学体育会ゴルフ部女子チーム優勝祝賀会盛大に
右、左で打っても250ヤードのロングドライブ
小さなグループのささやかな祝勝会
男はAブロック入り、女子はAブロック定着を誓う
今日も元気だ。ゴルフが楽しい
研修会のテーマは、まず”目土”の励行
関東女子学生春季対抗戦Aブロックの大波乱
KGAのジュニアスクール盛況
法政大学ゴルフ部、決意新たに新年会
東大ゴルフ部女子チームが、対抗戦で大奮闘
両佐藤さんの剛腕
KSGA 新人対象の研修会が開かれる
無冠の時代に終止符を打った秋元さん
卒業証書の重み
関東学生ゴルフ選手権60年、関東女子学生ゴルフ選手権50年
学生ゴルファーは乗用カートが苦手?
忘れ去られた関東プロゴルフ選手権
1勝より、まずは卒業証書
知られざる東京大学ゴルフ部過去の実績
ものをいった母娘の固いチームワーク
これで母子対等!
関東ゴルフ連盟の生みの親
関東ゴルフ連盟のスローガン
法大ゴルフ部OBの植木屋さん繁盛記
14歳チャンピオンのハットオフ
関東学生ゴルフ連盟新会長に中島敬夫氏
竹田恆正JGA副会長の期待度
両親に贈る手紙の朗読
立教大ゴルフ部の50年
東京ゴルフ倶楽部の燕
法政大ゴルフ部の男女日本アマ制覇の快挙
早稲田の50年


関東学生ゴルフ選手権60年、関東女子学生ゴルフ選手権50年 番組名:我、アマチュアナリスト(アマチュアゴルファー奮戦記)

更新日(2012/08/16)

  関東学生ゴルフ選手権は創始から60年、同女子学生ゴルフ選手権は50年という節目の年を迎え、例年通り、男子は60回大会が8月10日、鷹之台CC(千葉県)で、女子は8月9日、日高CC(埼玉県)で50回目の大会がそれぞれ最終日の競技が行われた。男子は黒宮幹仁君(日本大3年=写真)が、女子は佐藤絵美さん(東北福祉大3年)が今年度のチャンピオンになった。

 本来なら、記念すべき年度に当たるので、華々しく記念大会としてゴルフ界にアピールしたいところだが、学生の競技ということで、特別な祭典は計画せず、例年通り粛々と行われた。  男子の大会の創始は1953(昭和28)年、まだ戦争の傷跡が残り、食も十分でなく、街には日本に駐留する米兵の自動車が行き交い、ゴルフ場は米軍に接収されたところが多かった。そんな混迷な時代に、早稲田大学の学生だった金田武明さん(故人)が友人たちにゴルフをやろう、と呼びかけ、数人のグループでゴルフをやった。やがて連盟を作って競技会をやろうというという話に発展し、朝日新聞が連盟結成を後押しした。昭和28年の7月のこと。その年の7月、千葉県の我孫子GCで戦後、初の学生ゴルフ競技の開催が実現した。この時、朝日新聞社から優勝カップの寄贈を受け、今日まで受け継がれている。歴代優勝者の名を刻むネームプレーは、本来の台座には張りつけられているが、時代の流れとともに貼るスペースがなくなり、台座を一段付け足したほどで、学生競技の歴史の重さを感じさせる。

 一方、女子の競技は1958(昭和33)年、慶應と成城の対抗ゴルフが女子学生による初の試みだった。翌34年、関東女子学生ゴルフ競技(東京中日新聞主催)が東雲GC(現在は有明テニス公園)で開かれ、これを契機に各大学のゴルフ部の門を叩く女子が増えた。女子学生ゴルファーの増加に呼応するように関東学生ゴルフ連盟は、正規の競技会を開こうとする機運が高まり、1963(昭和38)年、関東学生ゴルフ連盟の主催で関東女子学生ゴルフ選手権が産声を上げた。現在、両選手権は関東学生ゴルフ連盟に主要競技に成長した。本年の関東学生連盟の競技は、還暦と半世紀という記念すべき年を迎えた。