Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
関東学生ゴルフ元役員のOB会賑やかに
JGAナショナルチームの2017年度の決算
『百獣の王者』が集った・・・。
法政大学体育会ゴルフ部女子チーム優勝祝賀会盛大に
右、左で打っても250ヤードのロングドライブ
小さなグループのささやかな祝勝会
男はAブロック入り、女子はAブロック定着を誓う
今日も元気だ。ゴルフが楽しい
研修会のテーマは、まず”目土”の励行
関東女子学生春季対抗戦Aブロックの大波乱
KGAのジュニアスクール盛況
法政大学ゴルフ部、決意新たに新年会
東大ゴルフ部女子チームが、対抗戦で大奮闘
両佐藤さんの剛腕
KSGA 新人対象の研修会が開かれる
無冠の時代に終止符を打った秋元さん
卒業証書の重み
関東学生ゴルフ選手権60年、関東女子学生ゴルフ選手権50年
学生ゴルファーは乗用カートが苦手?
忘れ去られた関東プロゴルフ選手権
1勝より、まずは卒業証書
知られざる東京大学ゴルフ部過去の実績
ものをいった母娘の固いチームワーク
これで母子対等!
関東ゴルフ連盟の生みの親
関東ゴルフ連盟のスローガン
法大ゴルフ部OBの植木屋さん繁盛記
14歳チャンピオンのハットオフ
関東学生ゴルフ連盟新会長に中島敬夫氏
竹田恆正JGA副会長の期待度
両親に贈る手紙の朗読
立教大ゴルフ部の50年
東京ゴルフ倶楽部の燕
法政大ゴルフ部の男女日本アマ制覇の快挙
早稲田の50年


法大ゴルフ部OBの植木屋さん繁盛記 番組名:我、アマチュアナリスト(アマチュアゴルファー奮戦記)

更新日(2010/02/04)

 昭和37年、法政大学ゴルフ部のキャプテンを務めた飯沼照久さん(62歳)は卒業後サラリーマン生活を送ったが、定年退職してからがらりと変身。目下、植木職で大忙しの毎日だ。
飯沼さんは高校時代、ゴルフの経験はなかったが、入学した時、ゴルフ部員募集のポスターに惹かれて入部した。クラブを握ったこともないズブの素人ながら夏合宿に参加してコースに出た。
当時、主将だった田中誠さん(元日本アマチャンピオン、現在はプロ)がいうには『ハーフで80も90も叩く始末で、いやはや・・・開いた口が塞がらなかった』そうだ。

 『馬力はあるがどこへ飛ぶか分からない』(田中さん)というゴルフだった。そこで田中さんは思案のあげく紐付きの練習ボールを与え『これでも打ちなさい』と指示した。それで飯沼さんのゴルフ熱は上昇する一方。さらに田中さんは自家営業の練習場(多摩川)通いを勧めた。飯沼さんの自宅は上野だった。通学定期券の行き先を通学先の市谷から多摩川に延長し、練習場通いは一日たりとも休むことはなかった。その甲斐あって腕前は上達し、卒業する年は部を率いて関東大学リーグ、個人戦で大健闘した。
植木屋に変身したわけは『小さい頃から樹木に興味があった。庭園管理師の資格を得て数年前から第二の本職になった。樹木と会話しながら、安価にして、丁寧に仕上げて信用を頂く。』を身上に今日も忙しく駆け回る。時にはホームコースの大利根CCでプレーを楽しむ。


【写真・手際よく枝を切る飯沼さん】