Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
 アプリ/コンペはリビングで参戦!
KSGA加盟大学の方へお知らせ
 


このコラムの他の記事
平成29年度関東大学秋季C・Dブロック対抗戦競技レポート
平成29年度関東女子大学秋季A・B・C・Dブロック対抗戦レポート
平成29年度関東学生ゴルフ連盟8月月例会レポート
平成29年度秋季関東大学チャレンジカップ競技レポート
関東女子学生ゴルフ選手権の予選会レポート
「新人研修会」「ゴルフ規則講習会」レポート
平成29年度関東学生ゴルフ連盟 7月月例会レポート
第65回関東学生ゴルフ選手権予選会(第1会場)
平成29年度関東学生ゴルフ連盟6月月例会レポート
平成29年度関東大学春季EFブロック対抗戦レポート
平成29年度春季関東大学対抗チャレンジカップレポート
平成29年度関東大学春季A・Bブロック対抗戦レポート
平成29年度関東大学春季C・Dブロック対抗戦レポート
平成29年度関東女子大学春季A・B・C・Dブロック対抗戦レポート
平成29年度関東学生ゴルフ連盟4月月例会レポート
関東学生ゴルフ連盟11月月例会レポート
関東学生ゴルフ連盟10月月例会レポート
平成28年度関東大学秋季ABブロック対抗戦レポート
平成28年度関東大学秋季EFブロック対抗戦レポート
平成28年度関東女子大学秋季A・B・C・Dブロック対抗戦レポート
関東学生ゴルフ連盟8月月例会レポート
新人研修会レポート
第64回関東学生ゴルフ選手権予選会(第2会場)レポート
平成28年度 関東学生ゴルフ選手権 予選会(第一会場)
第39全国大学女子対抗戦レポート
第53回全国大学ゴルフ対抗戦レポート
平成28年度関東大学春季男子EFブロック対抗戦レポート
平成28年度関東大学春季男子CDブロック対抗戦レポート
平成28年度関東大学春季男子ABブロック対抗戦レポート
平成28年度春季関東大学対抗チャレンジカップレポート
平成28年度関東女子大学春季A・B・C・Dブロック対抗戦レポート
平成28年度関東学生ゴルフ連盟4月月例会開催!
東北福祉大学シングルスで決着
早稲田大学女子、長年の夢の初勝利
学習院大学新入生獲得に向けて。
KSGAの現状と課題
2ボールプレーの問題点
2014年の総括(1年間を振り返って)


平成29年度春季関東大学対抗チャレンジカップレポート 番組名:こちら関東学生ゴルフ連盟・広報局

更新日(2017/06/11)

  平成29年6月2日、初穂カントリークラブにて平成29年度春季関東大学チャレンジカップが行われました。

  前日の雨の影響もあり、コース内には水が染み出る箇所やバンカー内に水たまりが出来てしまっている個所がありました。これらのことを考慮すると万全のコースコンディションではなかったように感じました。加えて、昼には雷雨と強風により競技の中断こそありましたが、幸運なことに雲はすぐに初穂上空を過ぎ去り、中断は一時的なもので収まり、運営に大きな影響はありませんでした。

  今大会の結果、男子が1位横浜市立大学、2位が横浜商科大学となり、この2校がFブロックへの昇格を果たしました。また、女子が1位獨協大学、2位が帝京大学となり、Dブロックへの昇格を果たしました。

    春季関東大学対抗チャレンジカップの結果はこちら

    春季関東女子大学対抗チャレンジカップの結果はこちら

昇格を果たしました各大学へのインタビューによりますと「後輩たちが頑張ってくれた」や「チーム全員で戦った結果であった」など団体戦ならではのコメントが多く見受けられました。
個人競技と思われがちなゴルフというスポーツではありますが、やはり団体戦でしか感じることが出来ないような1打の重みを選手たちは、味わうことが出来たのではないでしょうか。

男子の最優秀選手は横浜市立大学の1年生、市川兆治選手で77ストロークでした。
Aブロック、Dブロック対抗戦における男子最優秀選手も1年生であったことを考慮すると、学生ゴルフの新世代の台頭、さらにはゴルフの技術における全体的なレベルアップを感じます。

女子の最優秀選手は武蔵大学の4年生、石坂翔子選手で79ストロークでした。
女子も同様にAブロック、Bブロック、Dブロックの最優秀選手は1年生ということで、新世代の台頭かと思いましたが、女子チャレンジカップでは男子とは違い、4年生が意地を見せた形となったのではないか考えます。

また、スタートの際にプレーファストへの協力を全選手にお願いしたところ、規定オーバーのスコアが多少見られたにも関わらず、大きな遅れが生じませんでした。ティーグラウンドからセカンド地点まで小走りで向かう姿を多く見ることが出来ましたので、選手1人1人の協力あっての結果であったと考えます。

今後も継続していくためには、学生連盟からの呼びかけに加え、各大学におけるプレーファストへの意識の向上が必要不可欠であると思いました。