Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
Golferwebコラム
  東西ゴルフ事情 ゴルフ業界最前線 ゴルフ歴史館コラム Golferwebユーザコラム  
 


このコラムの他の記事
新考案の『ワンオンゴルフ』はいかが
中国のゴルフ事情
《ちょっと気になるパター》
親子でゴルフを!「サッカーandゴルフ親子合宿」
スキッターを打ちこなす要領『いろは』
BSのボール
シャフトが生命
ダンロップのゼクシオ9
NEW ゼクシオ プライム ドライバー
アパレル界に新展開を期待〜ダンロップとデサントの業務提携
頑固職人と鍛冶職人
業務提携で品質向上市場拡大を目指すダンロップのシューズ
磯子CCの気配り
【プレゼント】味よし《一本〆》しょうゆの逸品を賞品にいかが・・・
手先のお洒落は、より優雅に、より美しく・・・・。
ダンロップゼクシオの宅配便で試打
『2014マスターズ』は完全LIVE!
ゼクシオ AERO SPIN ゴルフボール発売
記者団が《ゼクシオ8》に挑戦
干支(えと)のマーク入りのゴルフボール
大きく口をあけるキャディバッグ
試して合点。打って選べる中古クラブ
パッティングの精度を向上させる練習機がついに登場!
高性能でわかりやすいスイング解析器が登場!
This is Super Automatic Smart FairwayWood
ゴルフ用品とギフト
進化したスパイク、デザイン面は?
付けたり外したりの煩わしさを解消
大切なクラブをガッチリガードするキャディバック
かぶり方自在!3WAYニットキャップ
石川遼と共同開発のパッティング練習機
ゼクシオゴルフボール SUPER XD PLUS新発売
画期的な『つなぎ型』レインウェア
ボールに関する技術躍進
シングルプレーヤー養成ギブス!?
たかがティペグ、されどティペグ
ヘッドカバーは日本人の発明した世界的な用品
ACTIONERの木製ゴルフクラブ
本間のドライバー『Perfect Switch』
確実に体感できたエルグスポーツ
本間ゴルフの『アスポートIIIe+』と『アスポートIIIe+Ladies』
悪臭源を絶つ無臭、無香料の消臭剤
最も簡単なクラブを使っているのはツアープロ!
クラブにシビアになることはいいことか?
おしゃれは足元から
アイアンが安くなった理由
伝統の技術は生きている


ACTIONERの木製ゴルフクラブ 番組名:ゴルフ業界最前線

更新日(2011/03/04)

 先 日、ゴルフが大好きで、良く一緒にプレーをした、伯父が亡くなった。葬儀に行ってきたが、柩の中には副葬品として、ゴルフクラブが収められていた。

 納棺(棺に故人の遺体を納めること)の際、故人が生前愛用していた品物を一緒に入れるモノを副葬品という。数年前になるが、大学時代の友人が亡くなった時、柩に家族での旅行の写真を数枚しのばせていた。一人息子だったこともあって、家族3人での旅行が楽しい思い出だったからだとご両親から聞いた。 また知人のお父上の葬儀の時、故人愛用のTシャツを奥様が胸にかけてあげていた姿が印象に残っている。それはヨーロッパ旅行で、故人が気に入って買い求めたものだったとのこと。 このように副葬品とは、遺族の故人への感謝の想い、故人への愛情、故人のあの世での幸せを願う気持ち、祈りが込められている。

 ゴルフが大好きだった故人の場合、「天国でもゴルフを楽しんでほしい」と思う遺族、「天国でも絶対プレーがしたい」と思っていた故人の思い等から、ゴルフクラブは故人が望む最良の副葬品になるだろう。しかし、最近のゴルフクラブは、チタン製等の金属製品になる為、一緒にしのばせることができないという。 これは、火葬時に爆発のおそれのあるもの、金属製品等の燃えないもの、遺骨を着色するおそれのあるもの等、柩の中には入れられないものがあるという。具体的には、メガネ、酒の瓶等のガラス製品、金属製の釣り竿、ゴルフクラブ、仏具等、書籍等・・・

  「天国でもゴルフができるように・・・」と遺族が願っても、実際なかなか思い通りにはならないものだが、メモリアルゴルフクラブは、全長が約80センチほどでヘッドからシャフト、グリップ全てが木製品。ボールも付属しており、これも木製。全てが手作業で丁寧に作られている。元々、昔のドライバーは、パージモンから、職人が手作業で、魂を込めて研磨をし、フェースやソールにプレートをはめ込んで作り上げられてきたモノ・・・ それと同様に手作業で丁寧に作られたメモリアルクラブは、ゴルフが大好きだった故人には、最良の逸品になるにちがいない。

 以前は「生前に葬儀の準備をするなんて縁起が悪い」と言われたものだが、近年大分事情が変わってきている。事前に考えておきたい人等、葬儀の事前相談が今急激に増えてきているそうだ。 かく言う伯父も、元気なころから、「俺は死んでもゴルフはやるぞ!」が口癖で、メモリアルクラブは、伯父自身が購入していたものだったと言う。 本人は、「子供たちが慌てないために・・・」、遺族たちは「本人の為に・・・」とどちらも相手を思う優しい気持ちからくるモノだから、できるだけ叶えてあげたい。そんなゴルフ好きには、「こんな商品が在る」と頭の片隅に置いておくのも、損はない逸品と言えるのではないだろうか?

お問合せは・・・・0476-37-6515

ホームページ・・・http://actioner.jp