Golferweb
GOLFERWEB SWING CLUB SUPPLY CLUB
イベント「孫とゴルフ」開催のお知らせ
ログインお問合せ
サイトトップページ ゴルフ歴史館 ゴルフ歴史館 コミュニティ スコア管理 コラム ゴルフ用品界 全国工房案内 文字サイズより小さくする普通のサイズにするより大きくする
KSGA加盟大学の方へお知らせ
がんばれ神奈川大学ゴルフ部 

神奈川大学

正式名称:神奈川大学体育会ゴルフ部  ホームページはこちら

221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1 TEL:0463-59-4111

ブロック履歴

年度 2015
2015
2014
2014
2013
2013
2012
2012
2011
2011
2010
2010
2009
2009
2008
2008
2007
2007
2006
2006
男子 B4 B4 B3 B5 B6 C1 B4 B5 B1 A5 A6 B6 C1 B5 B4 B6 C3 C1
女子
※年度をクリックすると順位一覧を表示します。

ゴルフ部概要

創部
1961年4月1日
ゴルフ部紹介
未登録 平塚キャンパスのグラウンドでの朝練習をはじめ、
グリーンパールゴルフ練習場、ヤマモゴルフ練習場、
伊勢原カントリーでのラウンド練習などを行っています。

2,3月、8,9月は、大会会場のゴルフ場と伊勢原カントリークラブや
オーストラリアにて、連日に渡り合宿生活をしています。

現在のゴルフ部は、関東Cブロック優勝を果たし、部員一人一人が
毎日練習に励んでいます。
さらに上の全国優勝を目指し、努力を怠らず、全員が練習に頑張っていきます。

戦歴



ゴルフ部詳細情報

スローガン

人間的成長



入部希望者へのメッセージ

人としての成長を志し人間力を高める事で、ゴルファーとしても社会人としても活躍出来るよう、
学生時代に進化しましょう。


スタンス

目標は学業・競技両立ですが、最後は卒業することが最低条件です。


年間イベント(試合以外)
イベント
10月 新体制スタート
2月 合宿
国内組:伊勢原CCにて4日間✕3週
海外組:3週間
3月 合宿
(大会会場にて4日間✕3週)
5月 春季対抗戦
8-9月 合宿
伊勢原CCにて4日間✕3週
大会会場にて4日間✕4週


お問い合わせ

神奈川大学体育会ゴルフ部宛
sijis@kanagawa-u.ac.jp 
@(大文字)を@(小文字)にして送信ください。

ゴルフ部の倫理

 我々神奈川大学体育会ゴルフ部に関わる者は、別途規定する「神奈川大学体育会ゴルフ部部則」に則って生活し、具体的な行動規範について は、以下に示す倫理規定を遵守しなければならない。

1、人として守らなければならないこと

我々はまず「人」として次のことを心がけなくてはならない。
 一、正直であること。
 一、誠実であること。
 一、道徳的責任を果たすこと。
 一、他人の権利を尊重すること。
 一、他人の安全性に配慮すること。
 一、冷静沈着さを賞賛し奨励すること。
 一、感情の自己統制ができること。
 一、口先だけでなく本当の成功を志すこと。
 

2、体育会ゴルフ部部員として守らなければならないこと

我々神奈川大学体育会ゴルフ部の部員は、
次のことを心がけなくてはならない
 一、第一に、人間的成長を志すことを目的として生活すること。
 一、その為に、団体戦に勝利することを最大の目標とすること。
 一、目標のために私生活の全てを、
   部活動ひいては大学の名誉のために捧げること。
 一、しかし学生の本分である学業に支障をきたし部活動に影響を
   およぼす者は、部員としての資格はないものとすること。
 一、部員は互いに協力しあい、ゴルフ部を構成する一員としての
   意識を持ち、部内はもとより対外的な関係においても誠実に
   接すること。
 一、上級生は各学年におけるリーダーシップとメンバーシップとは
   どういう言動を指すのか常に考え、適時発揮すること。
 一、最上級生はそれまでの経験を、「一年間の活動計画の作成」と
   それを実行する「日々の模範・指導の行動」に反映させ、
   人間的成長と勝利に対する責任を負わなければならない。
 一、下級生は、責任のある上級生の仕事が滞り無く
   遂行されるよう、部全体のための諸事を進んで行うこと。
 一、会議に参加した場合は自分の意見をはっきり述べ、民主的な
   議決により決定したことには、誠心誠意協力すること。
 一、学生時代の友は一生の友となるので、
   互いに包み隠さず正直に話をすることで友情を深めること。

3、ゴルファーとして守らなければならないこと

我々ゴルフ競技者は、スポーツとしてのゴルフの特徴を深く理解し、
スポーツマンシップを常に心にとめ、公平なゲームを行うなどの調整をはかる
フェアプレイの精神と、試合の健闘を讃える友情を忘れてはならない。
そしてゴルフというスポーツが、健全に、より発展することを願い、
自らもそのために努力するものでなければならない。



当ページの情報について
当ページ内は項目によって情報提供元が異なります。掲載内容についてのお問い合わせはGolferwebまでお願いいたします。
当ページはInternet Explorer/Firefox/Google Chromeの最新2バージョン以上で最適化しております。画像の保存(右クリック)は禁止しておりますのでお控えください。
応援サイトTOPに戻る