Golferweb
■■ ゴルフ情報総合サイト ■■
ゴルフを楽しむコンテンツが満載!
 アプリ/コンペはリビングで参戦!
 
 


このコラムの他の記事
今季、殿堂入りの四氏が決定
最後の倶楽部プロ、小針春芳さん他界
日本プロゴルフ殿堂入り式典厳粛に
日本プロゴルフ殿堂4氏を顕彰〜中嶋常幸さん、佐藤精一さんら
ゴルフ論文で博士号〜坂本公紀夫妻の力作が冊子に
『孫(そん)ちゃん』 久ぶりに聞いた小野さんのニックネームが懐かしい
杉本“伊代ちゃん”の記念碑
感涙にむせんだ3人の顕彰者
ゴルフ殿堂、金井氏ら三氏を顕彰
カ杯に日本の参加を取り付けたゴルフ愛好家の外交官
近藤さん、安らかに〜関東学生ゴルフ最終日に出場者全員が黙とう
タンゴの国の名ゴルファー、ビセンゾさんが94歳で他界
近藤暾(あさひ)氏のご逝去
ギランバレー症候群を克服したレッスンプロの奮闘記
アーノルド・パーマーの思い出
橘田、勝俣の米国留学
殿堂入りした石井朝夫さんを祝う会、賑やかに
第3回ゴルフ殿堂に顕彰された四氏
鑑田茂さんの死
戦前派のプロゴルファー、棚網良平さんの他界


三島弥彦さんの学習院野球時代 番組名:孔球偉人列伝

更新日(2013/07/11)

 日本がオリンピックに初めて参加したのは1912(明治45)年のストックホルムの大会だった。陸上競技の短距離に三島弥彦さん、マラソンに金栗四三さんが出場した。この時代は飛行機がないから選手団はシベリア横断鉄道に揺られて1か月かけて北欧まで長旅の末に辿りついた。団長は講道館の加納治五郎氏。この時代のIOCの委員だった。

 三島さんは学習院から東大に進み、横浜正金銀行に勤務した。幼少期からスポーツ万能で、野球、陸上、柔道なんでもござれだった。  野球は学習院時代、学習院と一高の対戦では投手として活躍した。  東京六大学野球連盟は1925(大正14)年に結成され、神宮球場を本拠地にして人気を集めたが、三島さんはそれ以前に名投手として話題になった。

 銀行時代は海外勤務が多く、ゴルフも外地で覚え、アマチュアとしてはトップクラスの腕前だった。国内の選手権の出場経験はないが、もし出場していたら日本のアマの選手権には簡単に勝っていただろうといわれる。弥彦さんは第5代の警視総監、三島通(みち)庸(つね)の三男だった。通庸は警視総監時代、武術を導入した。

《写真・学習院時代投手として活躍した三島弥彦さん》