Golferweb
ゴルフ情報総合サイト
スコア管理・ラウンド日記など ゴルフに関してお任せ下さい。
 
 


このコラムの他の記事
第5回カナダカップ大会から60年
日本プロゴルフ殿堂、本年度は6氏を顕彰
草創期の日本女子オープンゴルフ
三菱製国産初のジェット旅客機(MRJ)が飛んだ!
女流ゴルファ―の服装
やがて創設60回を迎える『中日クラウンズ』の知られざる歴史
大型球と小型球
ジュニアゴルフの育成に貢献した二世ゴルファー
猛打の空軍大佐殿
米軍ゴルファーの活躍
敗戦による連合国軍の進駐とゴルフ場
江の島にあったゴルフ場
世界遺産に登録された富岡の製糸場、生糸と新井領一郎
学生ゴルファーによるスポーツパレード
パインハーストと日本のゴルフ
カナダカップの会場決定の一瞬
J・グル―大使の戦争回避
晴れて女子プロと名乗れた日
体育の日の行進
忘れてならじ、林由郎(よしろう)の大きな功績〜98歳で年度初めに他界〜
5人の日本アマチャンピオン勢ぞろい
ティーペッグと砂
霞ヶ関CCの棕櫚(しゅろ)
人間ティーの恐怖
根岸Х神戸 インターポートマッチ


米軍ゴルファーの活躍 番組名:ゴルフは時空を超えて

更新日(2015/08/13)

  1945(昭和20)年から1950(昭和25)年にかけて、日本のゴルフは、他のスポーツと並行して敗戦の痛手から徐々に復興していった。プロ野球は終戦の年の秋、東西対抗戦が神宮球場で行われた。一方、ゴルフは関東プロゴルフ選手権が我孫子GCで開催され、地元の林由郎が勝った。しかし、アマチュアは戦争の痛手からの回復が遅れた。  

   日本のアマチュアの復興が遅れた間隙をぬって、米軍兵士や軍属の二世ゴルファーたちが復活した日本アマで活躍した。戦後から6年目の1951(昭和26)年の日本アマ(相模CC)は米軍兵士同士が決勝を争った。優勝したアブラハムは立川の空軍兵士、敗れたジェニングスはGHQ(連合国軍の司令部)の兵士だった。

≪写真・日本アマの決勝は、米兵同士の争いになり、立川の駐屯する空軍兵士のアブラハムが勝った。日本人ゴルファーはマッチプレーの準決勝で姿を消した≫〆